【注目】NFTとは?NFT アートの始め方や作り方を解説します

SNSから発信され、今やテレビなどでも取り上げられることが多くなった「NFT」。最近、周りでブロックチェーンゲームやNFTアートなど、NFTに関する単語を聞くことも増えてきたのではないでしょうか?今回の記事では、NFTってそもそもなに?どうやって始めたり制作できるの?といった疑問を解消すべく徹底的に解説していきます!

NFT とは?

NFTとは、「Non Fungible Token」の頭文字を取って略されています。日本語に直訳すると「非代替性トークン」という意味ですが、あまりピンとこないワードですよね。

NFTは、元々仮想通貨の所有者をインターネット上で明確に証明するために開発されました。ブロックチェーンと呼ばれる、自動分散型システム技術が活用されており、従来のようにメインとなる組織によって管理されるのではなく、参加者がそれぞれチェーンで繋がっているかのように監視し合う形式のため、不正行為が行われる可能性が限りなく低くなっています。

デジタルアートへの応用

現在、ネット上ではたくさんのイラストや動画など、様々なコンテンツが確認できますよね。しかし、それらは明確に所有者が誰であるのかを証明することが難しく、手軽にダウンロードやコピーできてしまい、複製を直接的に防ぐことはできない状況でした。

そこで、インターネット上で代替が効かないものを証明する技術であったNFTを応用させ、デジタルコンテンツに所有者としての証明を与えたのがNFT アートです。NFTアートには動画や画像、音楽など幅広いジャンルのデジタルコンテンツが含まれ、中にはTweetが高値で取引された事例もあるのだとか。

NFTアートを売買するには?

NFTアートを売買する方法は実はとても簡単!その手順を順にみていきましょう。

1.売買するために必要な仮想通貨のウォレットを作成する

NFTアートを売買するために使われるのは、通常の日本円ではなく仮想通貨となっています。そのため、出品者としてアートを売る・誰かのアートを買うためにも、仮想通貨のウォレットの作成が必須となっています。

2. NFTマーケットプレイスのアカウントを作成する

NFTアートはどこででも手に入る訳ではなく、専用のNFTマーケットプレイスと呼ばれるサイトで売買されています。自分の気になるアーティストや、売りたい商品とマッチしたNFTマーケットプレイスを選んで登録するようにしましょう。

まとめ

なんだか難しい印象を受けるNFTですが、実際に売買してみたり利用してみるとすぐに慣れていくことかと思います。NFTアート出品者の中には、あなたの大好きな有名アーティストや作家も出品しているかも?ぜひあなただけの作品をNFTアートの中で制作したり、探してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする