手書き入力でアイデアメモ・メール・Twitterが快適過ぎ。mazecを入れたiPhone・iPadが完璧なアウトプットマシンに。

スポンサードリンク

手書き日本語入力が快適!

先週末、近所のドトールで今年一年の振り返り&来年のあれこれを「ひとり会議」しつつ、Amazonで仕事術関連書籍をググって偶然見つけたA4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報が気になりそのままKindleでポチッと。

ざっと目を通しているうちに「これだ!」と感じたのが、日々の作業記録とそれに基づくPlan-Do-Seeの重要性。今更ですが・・。

ワタシのようなひとりビジネスの場合、自分の仕事の質・量共に全てを自分の頭で把握している反面、他者目線での客観的評価も無く、日々の作業を見直す機会も殆ど無い。

それが即結果に直結しているにも関わらず・・・。

SPONSORED LINK

というわけで、兎にも角にも早速A4日報を書いてみることに。。

ただ毎日のことなので紙に書くとかさばるし、後日チェックするのに持ち歩くのも不便。

なのでここは7notes for iPadとiPad miniの出番、ということに。

あちこち場所を変えて仕事することが多い(というか好き)なこのワタシ、どこでもサクッと行動記録を入力するには、iPad miniの絶妙なサイズと手書きが一番。そのためにいちいちキーボード出すのも面倒なので。。

iPadminiとリュウドキーボード

ですが日報を7notesに書き始めて気づいたのが、「図や写真も入れたい」ということ。そのほうが断然情報として後で役立つので。。

で、手書き入力とグラフィカルな情報をひとつのアプリで完結させるには、、と模索してたどり着いたのが、MetaMoJi Notemazec – 手書き日本語入力ソフト

ただどちらもちょっとハイコストなアプリなので、本当にこれが目的に合致するのかしばし躊躇していたところ、なんと!一昨日17日からNoteが960円→600円、mazecが1,080円→600円!というキャンペーン価格(2016年1月初旬まで)になっちゃってる\(^o^)/。

これはもう、「買え」という神様の思し召し。まさにシンクロニシティ。。

さすがにちょっとゾッとしましたけど^^;。

というわけで一気にポチッと。

早速mazecを設定したiPad miniでMetaMoJi Noteに手書き日本語入力を試したところ、これがもう、半端無く快適。なぜもっと早くこの世界に辿り着かなかったのか・・・。

7notes同様、手書き文字の認識力も抜群。かなりの殴り書きでも判ってくれる心強さ^^;。

もちろんフルカラーで図も書けるし写真も挿入出来る。ワタシの作業日報システムとして完璧!。

iPad miniとMetaMojiNoteで手書き入力

ただこのままでは残念ながら7notesのような「書き流し入力(テキスト変換せず手書き文字のまま入力)」は出来ず、それを行うには、別途月額360円(または年額3,000円)のmazec Plusにお布施が必要となるんですが、今回ワタシはテキスト変換が目的なのでスルー。

むしろ殴り書きのままじゃ、後で内容をチェックするのも気が滅入るし、長文の「後から変換」は意外と面倒だし・・・。

で、mazecをキーボードとしてセットアップしたiPad・iPhoneは、当然全ての文字入力に手書き日本語入力が可能となる!というわけで、試しにメールやTwitterなどもテスト。

mazecで手書きメール

今まで当たり前のようにキーボードを叩いて入力していたメールの文章も、手書き入力することで、心なしか文章に「気」がこもるような感じ^^;。

やはり手書きとキーボードでは、若干アウトプットに使う脳の働きが確実に違うと思います。

年末年始の休暇中に、原稿用紙アプリでも使って、手書きで小説でも書き始めそうで、そんな自分がちょっと怖い(-_-;)。

それにしてもなんと絶妙なタイミングのキャンペーンで背中を押してくれたMetaMoJiさんに、改めて感謝!。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする