古いiPadでも画面分割OK!ブログ更新や企画書作成が捗るアプリSidebySideは超絶オススメ!

スポンサーリンク

side by sideで古いiPadも画面分割可能に!

すでに9.7インチのiPad Proさえ絶賛発売中の現在、未だにiPad2と初代iPad miniを後生大事に愛用中のワタクシKOUです。

特に旧型で困ることがなく、調子も良いので日夜使い倒しているわけですが、さすがにiOS9から導入された「Split View」なる画面分割機能は便利そう、でもワタシの古いデバイスは全くの対象外。無念・・・。

でも、そんな欲求不満を解消出来そうなアプリを見つけました。それが「Side by Side (with Dropbox support)」。

これはもう、新型旧型問わず、iPad並びにiPad miniを持っているならとにかく入れておくべき超便利アプリですよ。

SPONSORED LINK

とにかく情報のインプットとアウトプットが捗ること間違いなし!ですから。。

まずは画面右上の「S」アイコンをタップ、現れたメニューから画面分割パターンをチョイス。

side by sideで画面分割設定

以下のように画面が分割。

Split Viewのようにアプリをアクティブに出来るわけではないのですが、ウエブブラウザ、メモ入力用ノート、そしてDropboxのファイルの3つを好きなように設定出来ます。

真ん中の白い丸をスライドすれば、分割幅も自由に変更可能。

side by sideで縦に画面分割

そしてSplit Viewより優れているのが、web閲覧の際に文字が小さくて見えづらいことへの対処として「テキストのみ」表示が出来ること。

side by sideで画面分割するとwebの文字が小さい

「★」アイコンをタップして現れるメニューから「Text」をタップするだけ。

side by sideで画面分割しwebの文字のみで表示

これは正直、情報を参照しながらコンテンツを作成する際などにかなり便利。

Notesに入力した文章は自動でDropbox内の「SideBySide(連携必要)」フォルダに保存されます。

side by sideでiPadを画面分割、webを閲覧しながらメモ入力

さらに「S」から「Files」をタップすれば検索ボックス左側に「Files」と表示されるので、そこをタップすると、このSide by Sideの「S」→「i」のDropbox→connectで連携した際に自動でDropbox内に作成される「SideBySide」ディレクトリのファイル内にあるテキストを表示可能になります。

side by sideでiPadを画面分割、dropboxのファイルも参照可能に。

兎にも角にも、旧型のSplit View未対応機種でも画面分割が可能になるこのSide by Side、出先でサクッと情報を参照しながらアウトプットするにはかなり便利なアプリなので、無料版(広告も出ず特に支障なし)だけでも入れておくと吉、だと思います。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする