Eye-FiとEVERNOTEでOCRスキャナー化、情報を検索可能に。

スポンサーリンク

何度でも言いますが、Eye-Fiの便利さは、使えば使うほど感動モノです。

写真でも動画でも、撮った瞬間にEVERNOTEやYouTubeに全自動アップロードされるその快感は、使う者を「情報収集の鬼」と化してしまいます(笑)。

こと情報収集・整理という観点に絞ってみれば、名刺や書籍・新聞、雑誌など、昔はファイルやスクラップブックに綴じ込まれ、所蔵しているつもりの情報がいつのまにか”死蔵”してしまっていたものが、EVERNOTEに蓄積されることにより、PCやiPhoneなどのモバイルガシェット等が有りさえすれば、いつでもどこでも閲覧・活用可能となりました。

SPONSORED LINK

Eye-Fiはその為のルーチンワークである、「情報を撮影し、然るべき所に逐一データを保存する」という地味な作業を挫折することなく、継続することを容易にしてくれるツール。

一方Evernoteの数々の優れた点は今更ここで述べるまでもありませんが、情報管理という観点での真骨頂は、アップロード後に改めてOCR処理を施す必要無しに、文字認識が完了(現時点では英数字のみ)していること。

文字認識機能を使ったEVERNOTEでの情報検索は現行の英数文字のみでも、かなり有効に使えます。

まずはEye-Fiをセットしたデジカメで文字情報を撮影。無線LAN環境であれば即、EVERNOTEにアップロード完了。

とりあえず、電話番号で検索してみると、該当する画像が表示され、該当する箇所が蛍光マークされる。

emobile1

iPhoneアプリのEVERNOTEでも同様の検索結果。

続いてURLでの検索。

emobile2

完全に画像から文字が認識され検索可能な状態になっています。

これだけでもかなり感動的なのですが、近日中には日本語文字認識にも対応するようなので、そうなれば、デジカメや携帯を持ち運べるOCRスキャナとして使えると言っても過言ではありません。

残念ながら現在のところ英数文字のみの文字認識ですが、それを利用して、収集した画像データの検索性を高める為には、撮影する対象に、英数字でキーワードを入れておけばいいかなと。

書籍や重要書類など、文字を直接書き込むのを避けたい場合は、ポストイットなどに検索用キーワードを記入し、それを撮影範囲のどこかに添付してから撮影すれば、充分検索可能な画像データとなります。

私の場合はあらかじめいくつかの検索用カテゴリキーワードを手書きで記入した「Clip-rite」を用意しておき、下記のように利用しています。

cliprite

手書きでも充分、英数文字の検索にヒットします。手書き文字でも、該当部分が蛍光ラインマークされます。

twitter1

私はEye-Fi専用マシンとして、サンヨーのXacti CA-65を使用していますが、文字もクッキリ読めるので、書籍の抜き書きは全てこの方法で片っ端からEVERNOTEにまとめておくことにしました。

twitter2

もちろん、iPhoneでも手書き英数文字で検索可能。

2_2.jpg

あとはEVERNOTEの完全日本語文字認識対応をまつばかりです。

ITの進歩は、ホワイトカラーの生産性を劇的に向上させつつあります。すばらしい時代です、ホント。。。

Eye-Fi Mobile X2 8GB EFJ-MB-8G
Eye-Fi Mobile X2 8GB EFJ-MB-8G

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする

コメント

  1. nobinobi より:

    クリップのアイディア感動しました!!。
    これで抜書きの手間が省けます。
    すいません、突然の書き込みでした。

  2. success-kou より:

    お役に立てて幸いです。。