ブログ記事や企画アイデアのネタ出し専用に、「ロザンのネタ帳」買ってみた。

スポンサーリンク

ブログの記事やクライアントへの企画書等は、時間を決めてイザ書こうと思ったところで、スラスラ書けるもんじゃぁ、ありません、少なくとも私は。。。

なので常日頃、小型のメモ帳やiPhoenのボイスレコーダー・カメラなどでアイデアクリップをしているのですが、それらはあくまでも点在する素材に過ぎず、ひとつのコンテンツに仕上げるには、いきなり書き出さず事前にラフというかアウトラインというか、大まかな流れをB5ノートに書き出します。

SPONSORED LINK

私の場合、結局その方が早いので。まあ、段取り八分というか、急がば回れというか・・・。

で、先日丸善の文具売り場を散策していたら、『「ロザン」のネタ帳』なるものを発見、試しに購入してみました。

それにしても、ナカバヤシと漫才コンビ・ロザンのコラボノートシリーズは以前からあちらこちらで散見するのですが、次々と新作?が出るところを見ると、それなりに人気商品なんでしょうかねぇ、、仕事柄、ちょっと気になります(ちなみにこの「ネタ帳」は昨年3月発売開始)。

サイズは120×210mmのA5スリムタイプ。ネタ帳として取り出しやすく場所も取らず、片手でも持ちやすくgood。

左ページが4コマノート、右ページがドットに。

中央部分のリングがないWリング製本とやらで、二つ折りで使ってもリングが邪魔で書きづらい、ということが解消されている。

その他、表紙に透明PPが使われているので、立ったままでも確かに書きやすい。

とまあ、この手のノートとしては割高なだけあって色々機能性も備わっているようですが、私としては、「ネタ帳」としてのシンボル化、これを開くことによってアイデア出しのスイッチをONにする、という心理的効果も得られれば、と。

なんせ、克己心のなさを様々なツールで補ってなんとかここまでやってきた、何事もまずはカタチから、が心情のわたくしKOUなので^^; 。。。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする