"成功"までの、一連の出来事・・・。

コンサルとして独立して10年、その間、自分自身の経験やクライアントの事案などをふと思い出してみると、およそ業種を問わずビジネス全般において、そのスタートから軌道に乗るまで、そして何とかそれで食べていけるようになり、そこそこ(あるいは莫大な)利益を出す、というまでにいたるまでには、共通のベースというか、そこにいたる一連の出来事というか、節目みたいなものが必ずあるものだと、つくづく思います。

そんな中、昨今の煽り系ビジネス書籍の影響か、儲け方のテクニックやノウハウ、「売れる商品」に走り勝ちなタイプの方々に、”それ以外”の、否、時としてそれ以上の重さをもつ”必須のファクター”というか、マインドみたいなものをうまく伝える方法はないかと、常々模索していたときに、何かのきっかけで知った、犬飼ターボ氏著の、「CHANCE」という本を読み、思わず「これだ!」とひざをたたいたことがあります。

一人の青年の起業から成功までの道のりを、ストーリー仕立て(著者本人の実話が元らしい)で、とてもわかりやすくまとめられている書籍。

物語形式なので、面白おかしく読み進めてしまうが、随所随所に、ビジネスを推し進める上で必ず立ちはだかる問題や壁みたいなものが、主人公の苦悩と共に織り込まれていて、あれこれ言葉を尽くして話をするより、まずは「この本、読んでみて。。。」と渡してみることも。。。

とはいえ、やはりこの辺のことは、一度や二度、一冊や二冊、本を読んでわかることでは到底ないことではあるんですけど、それでもあえて、特にこれからビジネスを起こす人にはぜひ読んでおいてほしい一冊ではある。

そしてことあるごとに、問題が起こる度に、立ちはだかる壁にさえぎられた時に、まずは一息入れて、この本をリファレンスすることで、少なくとも、「ああ、これって、自分だけじゃ、ないんだな・・・」と気づけるだけでも、その後の展開はかなり違ったものになると思います。

いずれにしても、ビジネスに必須の「資金繰り」、「人材」、「売上の上げ方」、「ビジネスモデル(儲かる仕組み)の構築方法」etc、それらに伴う「モノの考え方」など読み手のレベルに応じて、さまざまな気づきを得られる一冊として、お勧めです。

チャンス―成功者がくれた運命の鍵
チャンス―成功者がくれた運命の鍵

posted with amazlet at 08.08.09
犬飼 ターボ
飛鳥新社
売り上げランキング: 13877
おすすめ度の平均: 4.5

3 起業を考えてる人に
5 チャンスがいっぱい!!
5 自分にはチャンスはないと思っている人へ
5 主人公と一緒に成長できる本
3 いい本です

シェアする

  • Add this entry to Hatena Bookmark

フォローする