S21HTを「WiFiSnap」で無線ルーター化してみた。

タッチダイヤモンドとPHS300+大容量外付けバッテリーMPP-100でのどこでも無線ラン環境は、確かにノマドにとって「どこでもオフィス化実現」には最強なのですが、いかんせん、ちょっとした外出時には、その3点セットがかさばるのは否めません。

そこで、S21HT単体での無線ルーター化を検討。

タッチダイヤモンドの無線ルーター化といえば、「WMWifiRouter」が定番となっていますが、接続や設定に多少難がありそうなので、私KOUは、ネットビジョンという会社の「WiFiSnap」を試してみることにしました。

WMWifiRouterより若干お安い2,400円の有料アプリですが、30日間の試用期間があるので、まずは、WiFiSnap for EM ダウンロード からEMOBILE機種用の「WiFiSnap for EM」試用版をダウンロード、内部ストレージにインスト。

プログラムメニューから、「WiFiSnap-ルータ」をタップすると、下記の画面が表示されるので、

「お試しを続ける」をタップ。

すると、下記画面に変わるので、一応「データ暗号化(WEPのみ)」を半角英数字で5文字か13文字(又は、16進数で10桁か26桁)で行い、「Start」をタップ。

基本、やることはこれだけ。

その後下記のような表示に変われば、OK。接続までかなり速く、快適です。

あとは、ノートPCなどで「WiFiSnap」を選択し、wepキーを入力するだけで高速無線LANルーター化完了。

残念なのは、アドホックモード未対応なので、PSPやニンテンドーDSなどでは使えないこと。

私はそれらを必要としていませんので、問題ありませんが。

もちろん、「iPod® touch」は接続可能です。

早速Let’snoteで接続テストしてみましたが、まったくもって、快適な速度で満足。

これでまた、モバイル環境が一つ増えました。

まずは1ヶ月利用してみて、特に問題がなければライセンス購入したいと思います。

S21HT Touch Diamond

シェアする

  • Add this entry to Hatena Bookmark

フォローする