iPhone4Sが丸2年で突然不調に、結局iPhone5cの32GBを本体無料・月額980円でゲット。

スポンサーリンク

iPhone5cを無料でゲット

3GSから4、そして4Sと、なんだかんだ言いながら機種変し続けてきた、iPhone。。

でもさすがに、4S以降は特段の事由さえなければ、正直機種変をする意味を感じておりませんでした。

SPONSORED LINK

個人的には4Sの性能で最早必要にして充分、何と言っても4Sまでは3Gなので月々の料金も、PocketWiFiでしか通信しないワタシは、

基本使用料980円+パケット定額料1,029円+オプションサービス315円+ユニバーサルサービス3円=2,327円

という低コストも魅力でしたし・・・。

そ・れ・が!ですよ、つい先日までなんの問題もなく、快適に使えていた我が愛機、iPhone4Sが、二年縛りの期間満了直後に突然、電話の着信音が鳴らない、バイブも動作せず、という意味不明の不調状態に・・・。

それでもまあ、取り敢えずおかしいのは電話機能のみなので、以前ネットで見かけたauの月額3円ガラケーにMNPして(本体も無料)、着信専用&電話番号温存化を図ろうかと。。

(これが↓月額たった3円で持てるauのガラケー「京セラGRATINA KYY06」)

GRATINA

ということで、なにはともあれ近くのauショップへ。

愛想のいい若い男の店員さんに事のいきさつを説明しつつ、

「でもなぁ・・・、今更二台持ちはちょっとアレなんだけど・・・」

とつぶやくと、

「それなら、いっそiPhone5cの方がいいかもしれませんね、16GBなら本体無料ですから。。」

「えっ?そなの??」

「ハイ、それに、WiFi専用なら月額基本使用料980円のみで行けますし・・・」

「マジで??」

いや~、つい先日まで4Sを機種変する気など全くなく、このあたりの情報には全く無頓着だったので、いつの間にか、世間的には不人気な5cがこんなことになっているとは、露知らず。。

iPhoneは数々の素晴らしいアプリを使うためのマシンであると割り切っているワタクシ個人的には5cで何の問題もなく、むしろカジュアルでケースも要らないし、という訳で即決!。

ワタシ:「じゃ、ブルーで。」

店員:「かしこまりました。只今在庫を確認してまいります。」

店員:「・・・・・あのぉ~、、ブルーは16GBが欠品しておりましたので、32GBを無料にて提供させていただきます」

ワタシ:「ほう。。(*^_^*)」

そんなこんなで期せずしてiPhone5c、そしてソフトバンクからauユーザーへ。

鮮やかブルーのiPhone5c

結局、iPhone4S(毎月2,327円)→無料のiPhone5c(毎月983円)というコストダウンと最新機種への刷新、という意図しない一挙両得な出来事が、二年縛りを無事終えた4Sの突然の不調で起こったわけで、まあ結果オーライかと。。

それにしても、やっぱり美しいRetinaディスプレイとA6プロセッサーの処理速度を体験するにつけ、機種変は無意味じゃないと改めて実感しました、すびばせん^^;。

では早速、アプリやらデータやらの移行作業に入りたいと思います。

iPhone 5s/5c 完全活用術 au版
iPhone 5s/5c 完全活用術 au版

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする