iPhoneで撮影した動画のiPadでの視聴・編集をiCloud経由で可能にするアプリ「VideoSync」

スポンサードリンク

「VideoSync」

iCloudを利用して、iPhone・iPad・mac・WindowsPC間で画像を共有出来るフォトストリーム。非常に便利な機能です。

このフォトストリームのおかげで、ブログの更新やサイト制作の作業が格段に楽になりました。

が、残念なのは動画の共有が出来ないこと。

SPONSORED LINK

iPhone4Sで撮影したクリアな動画をiPadの大きな画面で見たり、iPadにインストールしたiMovieで編集したり、というニーズは結構あると思うんですけどねぇ。。

で、それを実現してくれるアプリ「VideoSync」を見つけたので、とりあえず試してみることに・・・。

まあ使い方は至って簡単。

初期設定として、アプリの「位置情報サービス」はオンに、iCloudの「書類とデータ」もオンになっていることが前提。

まずは早速iPhoneで動画を撮影。

iPhoneで動画を撮影

撮影が完了したら、「VideoSync」を起動すると、「新しいビデオが見つかりました」と表示されます。

VideoSyncが新しい動画を認識する

その後、「Start Sync」をタップすると、その動画をiCloudへアップロード開始します。

VideoSyncが動画をiCloudにアップロード

しばらく待ってから(iCloud側で動画を処理する時間)、別のデバイス(iPadなど)側で「VideoSync」を起動、「Start Sync」をタップすると、カメラロールに動画をダウンロード開始します。

iPad側のVideoSyncでダウンロード開始

これだけです。

これでiPhoneで撮影した動画がiPadに共有(コピー)されました。

どうしても動画ファイルは容量が大きいので、デフォルトで5GBしかないiCloudでは少々心許ない感じもしますが、共有作業が終わったら、iCloud側の動画ファイルを削除しておけばいいかと。。

削除のやり方は、

「設定」→「iCloud」→「ストレージとバックアップ」→「ストレージを管理」→「書類およびデータ」にある「VideoSync-Cam・・・」をタップすると、アップロードした動画ファイル一覧が表示されるので、不要なモノを左にスライドすれば「削除」ボタンが現れるのでそれをタップすればiCloudから削除されます。

とりあえずこれで、また一つiCloudが便利になりました。

iPhoneの小さい画面で動画を編集するのが、最近ちょっと辛くなってきたので、助かります^^;。。。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする