GWの江ノ島。。

スポンサードリンク

ここ10年来、私にとってのゴールデンウィークは、一言でいえば、「研究開発期間」。

別に、人が遊んでいる時こそ云々などと大そうな考えでそうしている訳ではなく、単に、連休中はどこもかしこも超込みなのと、一人ビジネスなので、いつでも自由にどこへでも行ける環境なのでそうしているだけです。

が、さすがに最終日6日、あまりにもピーカンなのと、家族サービスもしなきゃ、ということで、鬼渋滞をかくごで急遽「江ノ島」へ。しかも時刻はすでに11時30分過ぎ。

で、これが意外とスムースで、片道80Km弱なのに、約1時間半ほどで、江ノ島到着。

さすがに現地は人人人、、、車車車、、、。駐車場に車入れるのに何時間かかることやら、、、と思っていたら、これがまた不思議と10分くらいで無事完了。

DVC00003.JPG

あ~、やっぱ、湘南の海はサイコ~。。。心と体が芯から癒されていくのが、わかる。
ただそこにいるだけなのに。。。渋滞をおそれずに来た甲斐がありましたよ。

江ノ島の夕日

昼飯は、VVV6(ブイブイブイシックス)の「湘南ランチスペシャル」で堂々一位にかがやいた「仙水」でしらす丼を食べてみることに。どんだけうまいのか?

で、案の定、店の前は順番待ちの大賑わい。でもまあ、いそぐ旅でもなし、順番待ちリストに名前を記入し、江ノ島散策。。

約一時間後にめでたく?入店。さっそく本日のおすすめ、「あじしらす丼」を家族全員注文。

あじしらす丼

ちなみに後ろにそびえるは、「江ノ島ビール」。一本630円ナリ。飲んだのは私のヨメ。私はウーロン茶(^_^;)。

たっぷり江ノ島、サザンを堪能して5時過ぎに帰路に。さすがに渋滞を覚悟しましたが、これがまたうそのようにガラッガラの首都高湾岸線でした。

休み明けの今日の自分の仕事っぷりを考えると、やっぱバケーション(それがたとえ近場の短時間でも)は必要不可欠なものだと確信した、地震直後の午前2時。。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする