知識・ノウハウを確実に実行し身につける為のカード一式を購入

スポンサードリンク

情報カード一式

本やセミナー、はたまた人生の師などからせっかく知り得た貴重な知識・情報も、実際にそれらを行動に落とし込み、実践する者は常に3パーセント未満。

よって、俗に言う「成功者」、「目標を達成する人」も古今東西、結局同じ割合。ほんの数パーセント。

残る9割以上の方々は、結果「悲しきノウハウコレクター」に・・・。

SPONSORED LINK

よく聞く話です。事実、その通りです。

かく言う私も、「独立起業」が人生唯一の目標であった20代から30代にかけては毎月数十冊のビジネス本を読み、仕事の合間を縫っては様々なセミナーに東奔西走し、可能な限り、「これは!」と思うあれやこれやを拙い脳細胞に溢れんばかりに詰め込む日々を送っていました。

「実践されない知識は、無いに等しい・・・」。紛れもない事実。

まあ結局、「紙に書いた目標」通り、不思議と35歳の誕生日(厳密には1週間ほどずれました)にビジネスの荒波へ飛び込んでしまったため、否応なく実践と試行錯誤を繰り返さざるを得ない状況とはなりましたが。。

兎にも角にも、大方の人々が知識やノウハウを学んでも、なぜそれを実践出来ないのか、それにはいくつかの明確な理由が存在しますが、中でも比較的重要でかつ、工夫次第でクリアしやすい理由、それが「情報の過多」。

ようするに、「何から手をつければいいかわからない、、、あれもこれもやらなければ、、、気持ちは焦るばかり、、、そして時は過ぎていく」状態。

他にも「成功を心の底で恐れている」ことや「現状を何が何でも維持しようとする」潜在意識の問題など、「先送り」の原因はありますが、これらを乗り越えるのは実際かなりの難問。

それらに比べれば、「情報過多」問題はクリアしやすい。

ようは、最小ロットの実践可能なアクション項目に分解し、ひとつひとつ実行し身に付ける、ということ。単純ですが、効果大です。

例えば書籍にしてもセミナーにしても、「やるべきこと」と「なぜそれをやるのか」、「どうやるのか」をワンセットにした情報が1冊の本、または講義時間目一杯にいくつも詰め込まれているわけで、その中から、目標を達成するために必要な最小限の情報をワンセットずつ抜き書きするだけ。

今までは主に名刺大(いわゆる5×3サイズ)のカードに一枚一項目の抜き書きをしていたのですが、最近新たにノウハウの仕入れをしている内容が、図解を要したり項目ごとの情報が多めなこともあり(単に老眼のせいという噂も・・)、6×4サイズの情報カード カラー A6 J863と、プリンターで印字できる情報カード印字用 6X4 無地 C-2641を使ってみることに。。

さすがに大きいサイズは書きやすい。印字用は、書籍を自炊しOCRをかけたものからコピペ出来るのでカード作成が非常に楽、そして見た目もキレイです^^。

持ち歩いたり机上で立てかけたり保存したりするためにメモパースもついでに。。

これで一枚一項目の、あらかじめ自分が決めた達成目標に直結した「専用アクションリストカード」の出来上がり。

朝デスクに向かったら、メモパースの中からただ一枚だけ抜き取り、ひたすら実行。

ようするに、「今やるべきことはコレだけ!」状態になればいいんです。

それと、書籍やネット、テレビのインタビューなどからピックアップした金言&名言カードなんかも作って混ぜておくと、結構モチベーション維持・向上の為に意外と役だってくれます。

克己心が角砂糖一個分くらいしかない私には必須のアイテムです。

情報カード カラー A6 J863

情報カード印字用 6X4 無地 C-2641

メモパース 6×4 発砲塩ビ 茶 CP-464-BR

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする