【ゲーミングチェア】コルセア「T3 RUSH」はおすすめ?レビュー記事

【ゲーミングチェア】コルセア「T3 RUSH」はおすすめ?レビュー記事

今回ご紹介するのは、ゲーミングデバイスやeスポーツのサポートにも力を入れている「コルセア(CORSAIR)」の一番人気のゲーミングチェア「T3 RUSH」です。

ハイエンドゲーミングチェアに劣らないミドルクラスの「T3 RUSH」の詳細、特徴と評判を詳しく見ていきましょう!

コルセア「T3 RUSH」の詳細

モデルCF-9010029-WW、CF-9010030-WW、CF-9010031-WW
カラーチャコール、チャコールホワイト、チャコールグレー
本体サイズ幅681 × 奥行 559 × 高さ1270~1369 mm
背もたれサイズ幅541 × 奥行470 × 高さ851 mm
座部の高さ439~541 mm ※床から座位基準点までの高さ
座面サイズ幅559 × 奥行470 mm
アームレストサイズ幅99 × 奥行269 × 高さ284~366 mm
耐荷重約120kg
商品重量22.5kg
シートフォームポリウレタンフォーム
シート表面ファブリック(ソフトコットン)
シートベース部ナイロン
ホイール部ナイロン
ソフトフォーム容積55kg/m3
フレームの材質スチール(鉄)
機能4Dアームレスト可動域:前後、左右、上下、回転チルト角:0-10度チルトロック:対応チルト角ロック:非対応リクライニング角:90-180度ガスリフト:100mmストローク (クラス4グレード)
付属品ランバーサポート、ネッククッション、インストールガイド、アクセサリーボックス
価格40,891円(税込)※楽天での価格
保証対応期間2年間

コルセア「T3 RUSH」の5つの特徴

「T3 RUSH」は、レーシングカーにインスパイアされたデザイン、通気性に優れた柔軟な布製素材、パッド入りネックピローとランバーピローの付属、65mm 径の耐荷重デュアルホイールキャスターなど様々な特徴を持っています。

ここからは、大人気コルセアのゲーミングチェア「T3 RUSH」の主な特徴を5つ解説します。

①通気性が良く、快適な座り心地

通気性に優れた柔軟な布製素材のエクステリアは熱を逃がして蒸れにくく、質感も触り心地もいいです。

そのため、長期間使用しても座面や背中に汗をかきにくく、快適に座り続けられます。ゲームプレイだけではなく、ブロードキャスト、デジタル制作、オフィスワークなど、さまざまなシチュエーションで最高のチェア体験を提供してくれます。

②高さ調整可能なランバーピローとネックピロー付属

パッド入りネックピローと形状記憶フォーム素材のランバーピローが付いていて、高さが調整できるため、首と背中をしっかり支え、自分の体に合う正しい姿勢をサポートしてくれます。

さらに、表面も通気性の高いファブリック素材を採用しているため、肌触りもいいです。

4Dアームレスト

4Dアームレストは、前後方向、左右方向、上下方向のほか、アームを軸とした回転の調整が可能なため、自由自在に調整できます。様々なシーンに合わせた座り方に対応できるうえに、表面がしっかり加工されているため、スベスベで肌触りがよく肘が痛くなりません。

180°までのリクライニングと高さ調整が可能なガスリフト

最大180°のリクライニングと100mmストロークでシートの高さが調整できるクラス4グレードを採用しているため、ゲームや動画鑑賞、休憩に最適です。

キャスターの動きがスムーズ

頑丈な65mm口径のデュアルホイールキャスターを採用していて、動きもスムーズで快適に滑走します。

コルセア「T3 RUSH」の評判

コルセアの「T3 RUSH」は、「買って良かった」と好評ですが、購入した方のレビューでの肯定的ポイントだけではなく、批判的ポイントも見てみましょう!

肯定的ポイント

  • ゲーミングチェアでは珍しいファブリックの生地
  • 高身長でもゆったり座れる安心感
  • リビングに置いても違和感がないシンプルなデザイン
  • キャスターの動きが非常にいい
  • 座り心地とリクライニングがバッチリ
  • 長時間使用でも疲れない
  • 夏でもベタつくことなく、長期間使える

批判的ポイント

  • 座面が斜めになっており前が高く後ろが低いクッション(好みによる)
  • フィット感がありすぎ(好みによる)
  • 日本語の説明書がない

最後に

どのゲーミングチェアも購入時には必ず試座した方がいいですが、夏でも快適に使用したいという方には、ゲーミングチェアでは珍しい通気性の高いファブリック素材を採用しているコルセアの「T3 RUSH」がおすすめです。

ゲームプレイだけではなく、仕事や勉強にもおすすめします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする