スマートフォン使用とカジノ界の新たなる革新

ここ10年でスマートフォンの需要も益々増してきました。実際、スマートフォンに数年前まで疎かった主にガラケーを使っていた50代や60代までもがスマートフォンへの買い替えをするようになり、文字通り誰もがスマートフォンを持つのが当たり前な時代になりつつあります。更にまた20年も遡れば、ケータイ電話やパソコンなどのIT機器全般の躍進は目を見張るものがあります。時代の変化とともに、ケータイのみならず、ゲーム機も変化してきたのには、疑う余地もありません。この記事では今、具体的に人々がどのようにスマートフォンでエンターテイメントやゲームを中心としたアクティビティを楽しんでいるのかを焦点に話を進めていくことにします。

写真:Pexels

現代におけるスマートフォン利用時間と利用目的

皆さんは現代社会において人々がどれくらいの時間、どのような目的でスマートフォンを使っているか想像できますか。全体の統計としては3時間未満利用する人が半分近くを占めていますが、それ以上利用しているという人もそれと同じくらいいるというのが少し驚きです。スマートフォンを利用する目的が、動画配信サービス、ネットショッピング、ゲームの順番で多いようです。尚、全体を通しては、スマートフォンでゲームをする人の割合は約3割弱というデータもあります。そう考えると、決して多い数字ではないようですね。

写真:Pexels

スマートフォンを使用したゲーム

実際にご自身ではゲームをしないという方であっても、スマートフォーンを使って電車内で音楽を聴いたり、車の運転中に音声読み上げ機能を使って電子書籍を楽しんだりしている人も多いのではないでしょうか。もちろん、スマートフォンの利用目的は個人個人で異なりますが。スマートフォーンゲームの利用に関する調査によると、選択されるゲームの中で一番多いのは、パズルのようです。スマートフォンを持つ世代というのは、先ほども触れたように、より幅広くなってきていますが、何のゲームをするのかという統計で面白いのは、世代や性差によって異なるということでしょうか。高齢の方もクイズや脳トレなどをしている人もいらっしゃるようです。もちろん若い世代では、ロールプレイ、アクション、スポーツなども流行っているようです。

スマートフォンでオンラインカジノの可能性

昨今の日本では、カジノに関する議論が以前にも増して活発になってきています。スマートフォンが今後のカジノ界に一役買う時代も近い、そんな気もします。これだけ、誰もが簡単に持つことが出来て、日常様々なことがスマートフォンひとつでその多くを処理できるような時代です。モバイルゲーム業界も大きな注目を集めている中、大きいパソコンでプレーするよりも、スマートフォンでプレーするカジノも流行りつつあるようです。スマートフォンや様々なモバイルデバイスにも対応した ベガススロットオンラインなど、ブラックジャックやルーレットをはじめとするテーブルゲームを、小さい画面でもグラフィックや機能性も損なわず楽しめるサイトもあります。10,000以上の無料スロットゲームは実店舗さながらの臨場感をスマートフォンひとつで気軽に味わうことができます。スマートフォンでカジノをプレーするのに重要なのはスペックや容量がご自身のスマートフォンに適応していることなので、それを確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スマートフォンの使用は昔に比べてより幅が広がってきていると思います。また今後はより多様化した使い方になってくるのかもしれませんね。時代とともに変化するのが今回取り上げたような、電子通信機器なのかもしれません。

シェアする

  • Add this entry to Hatena Bookmark

フォローする