【Apple Music 新機能】お家でカラオケ「Sing」のサービス対象者は?

【Apple Music 新機能】お家でカラオケ「Sing」のサービス対象者は?

音楽はストリーミングするのが当たり前の時代になりましたが、皆さんはどこのサービスを利用して音楽を聴いていますか?CDを買っていた時代に比べると、とてもお手頃価格で音楽を聴けるようになったのは嬉しいですよね。

今回は、音楽ストリーミングサービスの中でも利用者が多いApple Music(アップルミュージック)の新機能について紹介していきたいと思います。なんと、音楽を聴くだけではなく歌うこともできる嬉しい新機能が登場したのです!

既にApple Music(アップルミュージック)を利用している人も、これから利用を検討している人もぜひこの新機能の特徴をチェックしてみてくださいね。

そもそもApple Music(アップルミュージック)とはどんなサービス?

Apple Music(アップルミュージック)とは、Apple社が提供する音楽ストリーミングサービスです。月額料金を支払うことで、約1億曲以上の音楽が聴き放題!また、30,000以上のプレイリストも楽しめます。

対象のApple製品を購入すると6ヶ月無料で利用できたり、1ヶ月無料お試し期間があったりするので、Appleユーザーや興味のある人はぜひトライアルを利用してApple Music(アップルミュージック)を体験してみてくださいね。

新機能「Apple Music Sing」が登場!その特徴は?

2022年の12月末に、Apple Music(アップルミュージック)の新機能「Sing」が登場しました。その名の通り、Singは歌詞に合わせて歌うことができる「カラオケモード」のことです。それでは、今回新たに追加された新機能「Apple Music Sing」の特徴を見て行きましょう。

特徴1:カラオケ対象曲は数千万曲

Apple Music(アップルミュージック)で聴ける曲は1億曲と膨大ですが、それにも劣らずSingでカラオケを楽しめる曲数は数千万曲と豊富です。きっとあなたの歌いたい曲が見つかるはずです。

特徴2:歌詞に合わせて一緒に歌える

実際のカラオケのように、ボーカルが歌う歌詞の部分がハイライトされるので、まるで本当にカラオケボックスにいるような気分を味わうことができます。

特徴2:ボーカルの音量を調整できる

歌いたい楽曲のアーティストのボーカルと一緒に歌うか、リードボーカルまたは両方を歌うかなどの調整をすることができます。好きなアーティストと一緒に歌ったり、自分の好きなようにボーカルの音量をアレンジできるのは嬉しいですね。

特徴3:バックボーカル機能

メインボーカルとは別に、バックボーカルのボーカルラインをアニメーション表示してくれるので、より歌いやすくなります。

特徴4:デュエット表示

デュエット曲や、何人かのシンガーがいる楽曲の場合、画面の両サイドにボーカルラインが表示されるので、複数人でも歌いやすくなります。

「Apple Music Sing」のサービス対象者は?

今回紹介した「Sing」はApple Music(アップルミュージック)の新機能なので、既にアップルミュージックのメンバーになっていれば、利用することができます。ただし、Voice プランの場合はSingの機能は含まれませんのでご注意ください。

また、Singの対象のデバイスは以下のとおりですので、こちらもご確認ください。

  • iPhone
  • iPad
  • 最新のApple TV 4K

Apple Music(アップルミュージック)・サブスクリプションのプラン

Singでカラオケを楽しみたい人は、ぜひApple Music(アップルミュージック)のサブスクを検討してみてはいかがでしょうか。サブスクのプランは以下のとおりです。

  • Voice…月額480円(Siriで楽しむためのプラン。Apple製デバイス以外の対応モデルでは再生不可、Singも利用不可などの制限あり)
  • 学生…月額580円(大学、高等専門学校、専門学校に通う学生さん対象のプラン。個人向けと同じ機能を使える)
  • 個人…月額1,080円(一般的なプラン)
  • ファミリー…月額1,680円(家族6人までが無制限でアクセスできるプラン)

Apple Oneも選択肢の一つ

Apple Music(アップルミュージック)のサブスクを考えていて、既に他のAppleのサービスを利用している、または検討している人には、4つのAppleのサービスが一つになったサブスクリプション「Apple One」も選択肢の一つになるでしょう。Apple Oneでは以下のサービスが含まれます。

  1. Apple Music…音楽のストリーミングサービス
  2. Apple TV+…動画配信サービス
  3. Apple Arcade…200以上のゲームが楽しめるサービス
  4. iCloud+…クラウドサービス(写真やファイルの保存先として)

Apple Oneの料金は以下のとおりです。

  • 個人…月額1,200円(iCloud+は50GB)
  • ファミリー…月額1,980円(最大6人利用可能。iCloud+は200GB)

最後に

今回は、2022年の年末に新たに登場した「Apple Music(アップルミュージック)Sing」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この新機能は、「最近忙しくてなかなかカラオケに行きたいけど行けない人」、「パーティー感覚で友達や家族とカラオケを楽しみたい人」、「一人カラオケを存分に楽しみたい人」など、多くの人のニーズを満たしてくれるはずです。ただ聴いている楽曲を口ずさむだけではなく、カラオケ機能でしっかりと歌えば、気分も盛り上がること間違いなし!

2023年はカラオケ三昧を楽しんでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする