オンラインスポーツベット(ブックメーカー)を始める前に知っておくべき5つのこと

  1. スポーツベットとオンラインカジノ

スポーツベットとオンラインカジノの違いからです。多くの人の頭の中でごっちゃになっているかもしれませんので、ご説明します。日本では、オンラインでカジノを楽しむというのは、その業界の人にとっては非常に有名な選択肢です。

一方で、スポーツベットの方が「知る人ぞ知る」という様相を呈しています。しかしながら、これは、スポーツベットをすることが難しいという意味ではなく、オンラインには、スポーツベットサイトがいくつもあります。

サイトとしての違いですが、オンラインカジノもスポーツベットもどちらも、基本的には同じ構造です。サイト上にシステムが構築されており、プレイヤーはサイトにアクセスして、その場で賭けを行うことができます。

そして、スポーツベット専門サイトも、オンラインカジノ専門サイトもありますが、中には、どちらも楽しめるサイトもあります。このような意味で、境界が曖昧になることもありますが、基本的には、二つの分かれたサイトやシステムだとお考え下さい。

どちらを探すにしても、rakkikajino.comなどの比較サイトを使って、ボーナスや口コミなどを確認するのがおすすめです。

  1.  日本からスポーツベットを遊ぶことはできるのか

日本では、賭博行為は(国に認可された競馬、競輪などを除いて)禁止されています。しかし、これが必ずしもオンラインのサイトに当てはまるとは断定できません。特に、海外のサイトである(はっきりと日本市場向けであることが証明できない)場合には、法律が適用されるかどうかが曖昧、という状況です。

そのような中で、多くの人が問題なく、海外でライセンスを獲得しているオンラインカジノで遊んでいます。そして、スポーツベットにも同じことが言えます。海外でライセンスを獲得した正当なサイトであること、日本にサーバーがないこと、日本人に特化したサイトでないこと、といった点を確実に確認するようにしましょう。

  1. 好きなスポーツを選ぶべし

スポーツベットの一つの魅力が、身近であること。オンラインカジノは完全に仮想ゲームですが、スポーツベットは実世界のスポーツの試合結果に依存します。ですので、すでにサッカー、バスケットボールなど、詳しい分野があれば、すでに、あなたは、ある程度の経験を手にしていることになります。

このように、スポーツ観戦という趣味から気軽に移行しやすいのがメリットとして挙げられます。

  1. 英語を使いこなすことは必須なのか

オンラインでスポーツベットを行う(つまり海外のブックメーカーを使う)ということは、ある程度の英語の必要性を意味します。ただし、必ずしも英語が堪能である必要はありません。現に、多くのブックメーカーサイトで、日本語化が進んでいますし、時に変な日本語訳があっても、Google翻訳などで意味を理解することができます。

これに加えて、すでによく知っているスポーツから始めるのが堅実です。慣れ親しんだスポーツであれば、いちいち英語の意味を全部訳そうとしなくても、全体を理解できるはずなので、スムーズに遊ぶことが可能になります。

  1. データを駆使すること

好きなチームを応援していると、常に「勝つ」方に賭けてしまうものです。これでは、実質、予想をすることよりも、チームの活躍に完全に身を委ねることになってしまいます。感情が介入しやすい分野だからこそ、意識してデータに頼るようにしましょう。

感情が入り込み過ぎる場合には、あえて、応援していない、中立的な気持ちで見えるチームを選んでみてもいいかもしれません。

シェアする

  • Add this entry to Hatena Bookmark

フォローする