テリオス復活!

せっかくS21HTとPHS300の快適なモバイル通信環境をゲットしたので、そろそろウルトラモバイルPCでも、などと思いつつ、もう4、5年前に、起動しなくなった(と思い込んでいた)windowsCEマシンの、ホコリかぶり放題の「テリオス」が、なぜか私の視界に、チラッと入った。

このマシンのよさは、何といってもwindowsCEなので、起動のオンオフがボタン一発!、起動待ち時間ゼロ、作業途中でもいきなりスイッチオフ、再び電源投入で、即作業再開ができる、というところ。

しかもハードディスクではなく、メモリタイプなので、あまり衝撃なども気にする必要がない。

バッテリーもかなり持つ(たしか8~10時間以上)。

DVC00130.jpg

「あ~、これが動けば、いつでもテキスト入力マシンになるのに・・・」とふと思い、シャープに修理依頼の相談TELをしてみた。

で、コストの件や修理期間などいろいろ話をしている途中に、「!!あっ!!もしかして、バックアップバッテリ(CR2032)交換してないかも?」

「まさか、そんな初歩的なミスなんて、この俺がするわけないけど・・・」という思いがふと頭をよぎった。。

電話を終えた後、念のため、近所のコンビニでCR20322枚を入手。早速裏蓋を開け、交換。すでにこのマシンにダメだしして5年近く経過しているので、当然現在は電池切れしているが、当時いくら充電しても全く起動しない時点で、このことに気づかない私なはずはない!のだが・・・・・・。

で、机の奥底からAC電源コードを探し出し、早速充電開始。おそるおそる電源投入・・・。

動きました!

パチパチパチ・・・\(^o^)/

DVC00129.jpg

「ありえねぇ・・・・・」 「そんなことだったなんて・・・」  「あの日、廃品回収に出さなくて、ホントよかった(-_-;) 」

これでどこでも思いついたら即入力!が実現可能に!ということで、テリオス対応の無線LANカード(中古しかなかったが)をamazonで1,500円で発注。

今週中には届きそうです。調子に乗った私KOUは、さらに小型で軽い、あの名機「シグマリオンⅡ」も引っ張り出し、即充電。

DVC00128.jpg

こちらは機動力重視、メモ帳代わりに最適。WordPocetにバシバシ入力、母艦とは赤外線通信プラスActiveSyncで瞬間同期。

DVC00127.jpg

これで、SONYのtypePもいりません、ええ、いりません(^_^;)

尻ポケットに、いつでも「シグマリオン」。。。

ま、これで、

1.ケータイ(SH906i)プラス リュウド外付けキーボード

2.テリオス プラス S21HT プラス PHS300

3.シグマリオンⅡ

という、TPOおよび作業内容にあわせた、自分にとっての最高のアウトプット環境が揃いました。

シグマリオンもテリオスも、もう何年も触りもしなかったんですが、昔のマシンって、ホントよくできてると言うか時代が早すぎたと言うか、webサービスやクラウド時代となった今こそ、この手の機器は売れるんじゃないでしょうか?

ニンテンドーDSやWiiのヒットに相通ずる世界が、そこにはあると、思うんですけどねぇ・・・。

シェアする

  • Add this entry to Hatena Bookmark

フォローする