TSG2022にも出展!おすすめのニトリゲーミング家具3選

TSG2022にも出展!おすすめのニトリゲーミング家具3選

幕張メッセにて9月15日~18日の4日間に渡って、「東京ゲームショウ 2022(TGS 2022)」

が開催されました。ゲームの最新情報やデバイス、ゲーミング家具など多種多様な展示がされている中で、ひときわ注目を浴びていたのが「ニトリのゲーミング家具ブース」でした。

今回は大手家具ブランド・ニトリが手掛けたゲーミング家具について、本当に便利なものを実際にTGSに出向いて実物を見てきた私の感想も添えつつ厳選してご紹介させていただきます!

おすすめのニトリゲーミング家具3選

①ゲーミングチェア(リボーク BK)

もし「ニトリのゲーミング家具で1番のおすすめは?」と聞かれたなら、迷うことなくこのゲーミングチェアを私はおすすめします。具体的な特徴は4つあります。

  • 29,900円という破格プライス
  • 黒一色という部屋の雰囲気を邪魔することのないデザイン性
  • 上下左右に可動するアームレスト
  • ゆったりと座れるワイドな座面
  • クッション性に優れた背もたれ

まずなんといっても、29,900円というゲーミングチェアではありえない低価格となっています。ゲーミングチェアの購入を検討したことがある方ならわかっていただけるかと思いますが、通常無難なブランドのゲーミングチェアを購入するとなると最低でも5万円はかかってしまいます。

私も見た目への憧れがきっかけで有名メーカーのゲーミングチェアを常用しているひとりなのですが、機能面は微妙というのが正直な感想です。しかし、ニトリのゲーミングチェアには実用的な機能が多く備わっていることも特徴のひとつ。中でもかなり衝撃的だったのはクッション性に優れた背もたれでした。最低限のホールド感を保ちつつ絶妙な柔らかさも両立されており、ゲーミングチェアと思えないほど座り心地が良かったです!

値段を抑えつつ、機能性を重視したゲーミングチェアが欲しい方はぜひ検討してみてください。

②ゲーミングL型コーナーデスク

次にご紹介するのは、ニトリのゲーミングデスクです。実物を見た私がおすすめできるポイントは4つです。

  • 幅・奥行160cmのとにかく広い天板
  • 位置が変えられるラックの標準搭載
  • 有孔ボードで細かいカスタマイズも可能

とにかく広い天板というのは、片方の天板にパソコンを2台設置してもスペースに余裕があるほど広いため、片方をパソコン作業用にもう片方を勉強などの作業用にといった使い分けも余裕をもってできてしまいます。人によってはこの広さがデメリットとなりかねませんが、1人暮らしなどで部屋の圧迫感を押さえつつ広々したデスクが欲しいという方には本当におすすめできる商品です!

頑丈なつくりは、まさに“お値段以上” ゲーミング デスク ニトリ!揺らしたりもしてみましたが、目立つようながたつきなどはなく、かなりがっちりした作りとなっていました。

また、ラックとニトリ商品の魅力のひとつでもある有孔ボードも搭載されているため、収納や使い勝手を自分好みにカスタマイズできる点もこのゲーミングデスクの特徴となっています!その他にもヘッドホンフックやカップホルダーなどゲーマーにやさしい機能もいくつか搭載されており、かなり多機能なL字型デスクとなっています。

③ゲーミングシェルフ

最後にご紹介したいのが、機能性に特化したゲーミングシェルフ(棚)です。

  • とにかくしっかりとした作り
  • 有孔ボードの標準搭載
  • ゲーミングデスクとの相性が抜群

なんといってもこのゲーミングシェルフ一番の特徴は、ニトリ製のゲーミングデスクと合わせて使用することで天板も広がり、収納まで確保できてしまうという点!有孔ボードの搭載は、機能性をより拡張してくれるためおすすめポイントのひとつです。

TGSのブースでもゲーミングデスクと合わせたコーディネートで紹介されていたのですが、単体のつくもかなりしっかりとしているため、単体でもおすすめできる商品となっています!有孔ボードを活用して、機能性を最大限に高めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はニトリの本当におすすめできるゲーミング家具についてご紹介させていただきました。実は、私自身もTGSの会場に出向くまでニトリのゲーミング家具は全くノーマークだったのですが、実物を見て体験する中で今回ご紹介させていただいた3つの商品は購入を検討するまでに魅力を感じました。

今回紹介した以外にも作業効率を高めたい方にとって魅力的な商品もあるかと思いますので、これを機にぜひチェックしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする