Kindle本をiPad・iPhone上で音声読み上げ(オーディオブック化)する方法

スポンサーリンク

iPadでkindleを音声読み上げ

前回の記事でPocketの音声読み上げ機能について書いたばかりですが、な、なんと!無理だと思い込んでいたKindle本の音声読み上げも、iOS8で新たに追加された機能「スピーチ」を使って出来るということをたった今知って、ちょっとテンションMAXな、KOUです。

SPONSORED LINK

なにはともあれ、まずはiPhone・iPadの「設定」アプリを起動し、「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」をタップ。

「画面の読み上げ」を「オン」に。

iOSでの音声読み上げ設定その1

続いてその下にある「声」をタップし、最上段にある「日本語」を選択。

iOSでの音声読み上げ設定その2

「デフォルト」と、さらに鮮明な音声になるという「高品質」の選択画面になるので、ここは迷わず「高品質」を選択。

これでiOSデバイスの画面に表示されたテキストを音声読み上げ可能になったので、早速Kindle を起動、テキストが表示されたら、画面上部から二本指で下に向かってスワイプ!。

iOSでの音声読み上げ設定その3

すると、画面上部にこのような↓「スピーチ機能」の各種ボタンが現れるので、再生ボタンをタップするだけ。感動です。

iPhoneでKindleを音声読み上げ

(「読み上げる内容が画面に見つかりませんでした。」と表示&音声アナウンスされる場合もありますが、再度二本指スワイプすればメニューが現れます。)

数秒待つか、左向き矢印ボタンをタップするかで、スピーチメニューが最小化され、テキストの邪魔にならないよう自由に場所を移動可能となります。

iPhoneのスピーチメニュー最小化後自由に移動

許されるならば、日がな一日本を読んでいたいほどの本好きなこのワタシですが、やはり読むより耳で聴く方が楽、ですからねぇ(*^_^*)。

さらに音声であれば、単純作業をこなしたり長時間ウォーキングやクルマ移動の際にもBGMとして情報のインプットが出来るわけで・・・。

それにしてもKindle書籍がiOSの標準機能でオーディオブック化出来るとは、ちょっと衝撃的過ぎます。

なんせ今までは、どうしてもオーディオブック化したい本は、自炊→OCRスキャン→金沢文庫で読み上げ、という面倒極まりない方法でやってましたからね。

重要な本を自炊、金沢文庫の音声読上げでBGM化し潜在意識で理解する。
一冊の本は、時として人生を変える大きなきっかけの一つとなり得ます。 あくまでも個人的な実体験ではありますが、「変わるべき時」に...

兎にも角にも、これで益々ワタシの読書ははKindle一直線、になりそうです。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする