iMandalArtとiThoughtsの直接連携は究極のアイデア出し・文章作成システム

スポンサードリンク

いや~、、、私としたことが、なぜ今まで気づかなかったのか!!iMandalArtにこんな素晴らしい機能があったなんて・・・。

なんと、iMandalArtとiThoughtsが、メールもDropboxも介さず直接連携していたとは。。

仕事柄、無から有を生み出す事業企画や文章のアウトプット作業において、常に「産みの苦しみ」がついて回る私にとって、この2つのアプリはもはや不可欠。

SPONSORED LINK

以前、文章のアウトプットが楽になる「iMandalArt」と「iThoughts」の連携iMandalArtがDropbox対応!iThoughtsとの連携強化でiPad・iPhoneが究極の外部頭脳に!にも書いたように、opmlファイルでの連携・展開によって、「産みの苦しみからの開放」や「アウトプット作業の効率化」という面において幾度となく救われてきました。

が、今回この方法でさらに簡易に、iMandalArtからiThoughtsへのデータ連携が出来ることを知り、またまたiPhone・iPadの価値が数段上がった気がします。

やり方は至って簡単。

まずはiMandalArtのGETファイル二階層目のセルを長押し。

すると「カット コピー ペースト 削除 共有」メニューが現れるので、「共有」をタップ。

「読み込む…」「書き出す…」メニューから「書き出す…」をタップ。

書き出し方法選択のメニューが現れるので、その中から最下段「他のアプリで開く…」をタップ。

iphoneまたはiPadにiThoughtsが入っていれば、一覧に表示されるので、「iThoughts(iPadならiThoughtsHD)」をタップ。

すると自動でiThoughtsが起動し、iMandalArtのデータがマインドマップに展開される。ん~、素晴らしい、素晴らしすぎる。。

あとは以前と同様、iThoughtsのTransferメニューから「Send Email」で自分のメルアドに送るだけ、アウトラインの出来上がり。

PCへ送られたメールから、階層化されたテキストをそのままwordにコピペすれば、アウトライン形式を保ったままなので、かなりの長文でも、思いの外サクサク筆がすすむはず。

アウトプットに苦しむ方は、是非一度このiMandalArtと iThoughtsの連携をお試しあれ。

それぞれアプリは少々値が張りますが、お金で時間は買えませんから・・・。

iThoughts (mindmapping)

800円
(2013.11.06時点)
CMS
posted with ポチレバ
スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする