iPadでフォルダやファイルの管理が出来る「Bridge Reader」

スポンサーリンク

Bridge Reader

iPadユーザーなら、とりあえず入れておいて損はない、というか、是非無料のうち(2013年1月末まで。)に落としておきたいフォルダ管理アプリ、それが「Bridge Reader」。

PCライクにiPadで画像や動画・音楽、Dropbox内の各種ファイルなどをフォルダ間移動・コピー、閲覧や拡張子の変更まで行える、かなり便利なアプリです。

SPONSORED LINK

なにはともあれ、まずは画面左上部の「設定」でDropboxと連携設定。

Bridge ReaderでDropboxと連携設定

「設定」ボタンとなりの「編集」ボタンをタップすると、フォルダの新規作成や名前の変更などが行える。

Bridge ReaderでiPadにフォルダ新規作成

「クラウド」の「Dropbox」をタップすると、Dropbox内のフォルダやファイルが表示され、そこからiPadのカメラロールや新規に作成したフォルダへ移動・コピーがドラッグで可能に。

Bridge Readerでファイルの移動・コピー

フォルダに入れたファイルは、右上の「編集」ボタンをタップした後ファイルをダブルタップすると、ファイル名と拡張子が変更可能に。

Bridge Readerでファイルの名前・拡張子を変更

面白いのは、フォルダに移動した写真を複数選択し、矢印マークをタップして現れる「PDF結合」をタップすると、それらの画像がPDFデータとなって結合される機能。

Bridge Readerで複数の画像をPDF結合

PDFファイルは内臓の「Fast PDF Kit」でそのまま閲覧可能。

「編集」でPDFファイルを選択した後、矢印マークをタップしメニューから「次の方法で開く…」を選ぶと、「iBooks」や「i文庫HD」にファイルを送り閲覧することも出来る。

WordやExcel、PowerPointなどのOffice文書もアプリ内のビューワーでそのまま閲覧出来ます。

まあいずれにしても、iPadでのフォルダ管理が可能となるこの「Bridge Reader」、オススメです。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする