3月11日大震災以後の地震発生状況を時系列に地図上に表示する「Japan Quake Map」

スポンサーリンク

3月11日発生した東北地方太平洋沖地震以降も、幾度となく続く余震。

その発生状況を、時系列に地図(あるいは航空写真)上に表示するサイト、「Japan Quake Map」。

サイトを開いてからしばらくそのまま待っていると、発生日時順に、次々と震源地が現れてきます。

地図右上の「Display Options」で「Sticky Dots」にチェックを入れると、それぞれの震源地を表示する度に地図下の震源の深さごとに色分けされた点が表示されます。

また、Min.Magnitude:のダウンリストで、例えば「4.5」を選ぶと、マグニチュード4.5以上の震源地並びに右のトータル表示部分に全件数の内、4.5以上のものが何件あったか、が表示されます。

まあそれにしても、現時点(3月22日午後2時36分現在)で、なんと669回も。。。

「Show day」のダウンリストを見る限り、日に日に減少傾向にはあるようですが・・・。

地震大国ニッポン、ということを、再認識させられます。

このまま収束に向かうことを、切に願います。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする