格安SIM運用のGP02に大容量バッテリーを装着、WiFiのバッテリー切れの不安完全解消!

スポンサーリンク

GP02用大容量バッテリーを装着

機種変で余った手持ちのPocket WiFi端末の中で唯一のSIMフリー機種GP02を、IIJmioの格安SIM(税抜き月額900円・データ通信のみ)での運用に切り替えて丸1年。

MacbookAirにiPhone・iPad、iPadminiなどを持ちだしては出先でのネット接続に活用してまいりました。

GP02にIIJの格安SIMセットアップ完了、3Gでも通常の仕事には充分な速度。
先ほど届いたIIJmioの格安データ通信専用SIM。docomoのピンクSIMです。 これで月額900円にて上限3GBまで、N...

結果、全くもってワタシの外出時でのWiFi環境としては必要にして十分、ただ一点、バッテリーの持続時間だけを覗いては・・・。

SPONSORED LINK

もっとも、住まいを千葉ニュータウンに移して以来、それ以前のようなノマド活動の機会がめっきり減ったので、さほどバッテリーの持続時間は気になることもあまりないのですが、それにしてもGP02のバッテリーは持たなすぎる、そしてなにより、”すぐ熱くなる”のが欠点。

ということで、今更感ハンパないですが^^;、その分かなり価格の下がったGP02用大容量バッテリーを満を持して購入。

デフォルトの2200mAhから、倍以上の5300mAhの増量です。頼もしい・・・。

GP02用大容量バッテリーが届いた

当たり前ですが、その分厚さがこれまたハンパない・・・。その分期待が持てるわけですが。。

GP02用大容量バッテリーの厚さ

ケースを装着した裏面。GP02本来の薄くてクールなフォルムはもはや見る影もありません。

GP02用大容量バッテリーを装着したところ

ちなみに通称「バスタブ」と呼ばれた大容量バッテリーを装着した、昔懐かしいPocket WiFi「D25HW」と比較しても、さらに分厚いです(*^^*)。

大容量バッテリーを装着したGP02とD25HW

でもまあ、バッグに放り込んでおくだけなので問題なし。

そんなフォルムと少々の重量UPなど全く気にならない脅威のバッテリー持続時間。

今まで半日持たなかったGP02のバッテリーが、今では丸1日使ってもまだ余裕。。

そしてなにより、ただでさえ暑苦しいこの季節、本体がカイロのごとく熱くなることも無し!

またしばらくGP02のお世話になりそうです。。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする