持ち運べるマッサージチェア、3Dマッサージシートとマッサージピローが快適過ぎてコスパ抜群。

スポンサーリンク

ドクターエアの3Dマッサージシート買いました

かれこれ20年以上にわたって、私と家族のコリと疲れを癒し続けてくれた愛用のマッサージチェアが、最近絶不調で・・・。

20年以上愛用したマッサージチェア

そのせいか最近また腰痛やら肩甲骨あたりの凝りがまた酷くなってきつつあり、バックジョイやら、p!ntoやらを購入しては、対処療法的に辛さを紛らわせてきましたが・・・。

やはり凝り固まった身体は揉みほぐすのが一番、というわけで何度か整体・マッサージサロンに通ってもみましたが、なんせ1回5,6千円かかるわ通うのは面倒だわで、これならいっそ新しいマッサージチェアを買ったほうがいいんじゃないかと・・・。

SPONSORED LINK

マッサージってやつは、続けないとすぐに凝りがもどってしまいますから。。

で、近所の量販店でいろいろ検討してみたものの、それなりのものは20~40万円が相場。

しかも最近のマッサージチェアはどれもデカくて重い(^_^;)。

そんな私の目にとまったのが、ハンズやロフトの健康器具売り場で最近良く見かける、ドクターエアの3Dマッサージシート

何度か店頭で軽く試したことはあったのですが、今回は量販店のマッサージチェア売り場で他の大型マッサージチェアと真剣に幾度も揉み具合を比較検討してみた結果、けして引けをとらない力強さ。。

それに何と言っても好みの椅子に設置出来て持ち運べる軽さとサイズ、そして3万円弱という安さ。

さらに部分マッサージ用のマッサージピローもセットで税込み3万2千円!という店員さんの一言で、即決。

3Dマッサージシート内容物

60~100kgはある重厚長大な今どきのマッサージチェアと違って、重量4.6kgで場所を取らないこのサイズ、ありがたい。。

こちらが↓本体と同色のマッサージピロー。

マッサージピローも同時購入

ピローと言っても、首部分に設置するだけでなく、これ単体で腕や腰、ふくらはぎなどなど、すきな場所に当ててマッサージ出来るモノ。

マッサージピロー裏側↓。マッサージシートに装着するためのベルト付き。

マッサージピロー裏面

さて、この3Dマッサージシートを勢いで買っては見たものの、開封しイザ設置!という段で丁度良い椅子が無いことに気づき・・(^_^;)

取り敢えずソファーに設置。結果オーライ。

わざわざマッサージチェアのある場所へ行かずとも、いつもいる場所でテレビ見ながら気軽にマッサージ出来るのはありがたい。

頻度が上がることは間違いなし・・。

3Dマッサージシートをソファに設置

スイッチをいれると、グルリグルリ周りながら動く3Dもみ玉が目視出来る、LEDの光。。

3Dマッサージシートを電源ON

最近の高級マッサージチェアには、多機能ゆえの複雑怪奇なボタン類が。

でもこの3Dマッサージシートのリモコンは、ご覧のとおり必要にして十分なシンプル機能のみ。。

3Dマッサージシートのリモコン

で、改めて気になる揉み味ですが、この価格とコンパクトさでは考えられないほど、強力なマッサージ具合。

慣れないうちは正直、あちこち痛いくらいです。

全身:肩から腰まで最大45cmのロングストロークマッサージ
部分:もみたい部分を指示すると一定範囲を上下にしっかり揉みほぐし
ポイント:指定部位をしっかりマッサージ!ピンポイントマッサージが可能

平面もみと縦回転による3Dもみ玉が、グイグイ身体の凝りをほぐしてくれる感じ。

座面のバイブレーションも3段階あってこれが非常に心地いい。。

この快適さが数回マッサージサロンに通う程度の価格と1回20分の電気代が約0.4円というコスパで手に入るとは・・。

カーアダプターから電源を取ってクルマの助手席なり後部座席に設置しておけば、腰痛持ちの長距離ドライブも怖くない\(^o^)/。

これだけの本格的マッサージチェアさえモバイル可能な時代になったんですねぇ。。

ま、さすがに今どきの電源カフェに持ち込んで一人悦に入る、なんてことまでは、しないと思いますけど・・・。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする