誰でもプログラミング不要でWordPressのデザインが出来る「weluka」が凄い。

スポンサーリンク

weluka

かれこれ20年近く、様々な業種・規模のウエブサイトを成功報酬の請負型(そこから上がった売上から一定のマージンを毎月いただく)で行ってまいりました。

その間、あらゆるサイト構築のツールやらノウハウやらを使ってきましたが、10年ほど前からMovable TypeやXOOPSなどのいわゆるCMSタイプでの構築があまりにも便利でそちらにサイト構築を移行、その後PHPの利便性を痛感し、もっぱらWordPress専門に・・・。

SPONSORED LINK

成功報酬型ゆえ、ワタシの場合はサイト自体のデザイン性云々よりも、いかにそこから一刻も早く収益を顧客にもたらすか、が顧客の期待(と共に自社の収益に直結)するところなので、様々なテーマをカスタマイズしつつプログラミングを加えては試行錯誤しながらスピードとデザインの狭間でもがきつつサイト制作をしてきました。

そんなワタシが言うのもなんですが、今の時代(ブランドとイメージを重んじる大手企業ならいざしらず)少しでも収益に貢献するためのツールの一つとしての自社サイトならば、出来得る限り、内製化したほうがいい。

太古の昔のような、一度作った会社案内的なホームページ(あえてそう表現します)をほったらかしでネット上に置いておけばなんとかなった古き良き時代とは異なり、現在、そしてこれからはいかにリアルタイムでユーザーの欲求に応える情報を随時発信していくか、が最大限重要なカギである以上、コンテンツを出来るだけわかりやすく表現する見た目や配置等を含めて、可能な限り自らの手中に収めておくのが理想だと思います。

で、この「weluka」。元々簡易に情報発信する、また検索エンジン最適化にも優れたWordPressのレイアウトを、面倒なcssやタグ打ち不要で思うようにレイアウト出来るツールとして昨日23日、公開されたようです。

もちろんスマホやタブレット表示に最適化されるレスポンシブ、ユーザーの閲覧する機種に依存しないウェブフォントにも対応済み。

ダウンロード販売で39,800円(税別)。この価格で好きなようにWordPressのレイアウトを操れるのであれば、御の字です。

後はいかに見込み客に届くコンテンツをひとつでも多く発信するか、それだけです、貴社の明日を左右するのは・・・。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする