ポメラのカレンダー機能で日記が難なく継続出来るようになった。

スポンサードリンク

calender

私にとっての三日坊主の代表格、それは過去何度も何度も挫折してきた「日記」なるもの。。

歳を重ねるにつれ、仕事の効率化やら体調管理やら、時として人生を深く考える、などなど、過去の記録というものの重要性をヒシヒシと感ずる今日このごろ、であるにもかかわらず・・・。

で、性懲りもなく、今年の年頭にまたもや心に誓ってしまいました、「毎日、日記を書く」と。

となれば、まずは何を置いても必要となるのが「日記帳」。早速近所の書店にでも行ってそれなりのブツを入手、となりかけた途端脳裏をよぎったのは、

「もう、手書きは、面倒くさい・・・」ということ。。

SPONSORED LINK

仮にも後々過去を振り返りつつ読みなおすことが前提の日記、判読不明な殴り書きで綴るのもアレですし・・・。

ふと視線を落とすと、そこにはデジタルメモ「ポメラDM100」が。

そうだ、ポメラのカレンダー機能を使えばいいのだ!」と、ハイヤーセルフであるもう一人の自分が(*^_^*)。

というわけで早一月ちょっと、ポメラのカレンダー機能のお陰で、気がつけば行動記録を取っている、そんな感じで挫折すること無く続いている「日記」。

蓋を開けておもむろに「カレンダー機能」ボタンをポチッと押すだけ。

それだけで、日付入りのテキスト入力画面と17ミリキーピッチのフルキーボードが目の前に。

ポメラDM100のカレンダー機能

これですよこれ、シンプルにして必要十分な機能、バッテリー切れの心配無用、これこそが超めんどくさがり屋の私にとっての「日記継続ツール」だったんですよ。

ポメラDM100のカレンダー機能で日記を継続

まあポメラの通常のテキスト入力画面でも、「F2」キーを押せば、日付と時刻が挿入出来るのですが、それだと後々管理が面倒。

カレンダー機能を使えば、「日付.txt」というファイル名のテキストファイルとして本体の「Pomera_memo」に月別フォルダ別に自動保存されるので、バックアップ&データ管理も簡単。

ポメラDM100のカレンダー機能データ

ポメラで日記、これなら毎年日記帳を買う必要も無し、デジタルデータの弱点である「一覧性」も、カレンダー機能なら「日付の移動←→」でサクサクページめくり出来るし、パスワード設定で誰かに自分の内面を覗き見される心配も無し(^_^;)、いいこと尽くめ。

お陰で今のところ挫折の気配はありませんが、どうしてもモチベーションが下がった時は、3分間日記 だけでもとにかく続けようかと・・。

これ、意外と効果あるので。。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする