猛暑とカフェの騒音にメゲず仕事に集中する為に最近ヘビロテしてる音楽はコレ。

スポンサーリンク

SONYのノイズキャンセリングイヤホンとお気に入りの音楽で集中!

「うだる」などという形容詞の範疇を遥かに超えた連日の猛暑。もともと集中力に乏しいこのワタシ、暑さにかまけて仕事スイッチがなかなかオン!状態にならず・・・。

強制的集中力UPと運動不足解消を兼ねて、まだ気温の上がり切らない午前中に近所のカフェやファミレス、フードコートに向かうも、そこには夏休み真っ盛り&涼を求めて集う家族連れやら若者達の談笑が程よいノイズを超えてたりして。。

SPONSORED LINK

そんな状況の打開策として手っ取り早いのが、やっぱり音楽。

最近の個人的オススメ、3つのアルバム

集中力UPにおすすめの音楽

ノイズキャンセリング機能搭載のイヤホンMDR-NWBT20Nでまずは外部のノイズを一瞬にして遮断し、

ノイズキャンセリングイヤホンとiPhone

酷暑で乱れ気味の自律神経を整えてくれる、自律神経にやさしい音楽を聴きながら、あれこれ戦略を練ったりKindleで読書したり。。

小鳥のさえずりと軽井沢あたりで森林浴してるような爽やかな旋律が、疲れたココロと自律神経をほぐすように癒してくれます。

お次は集中力UPに効くBGM、となれば何と言ってもバロック音楽、中でも特に効果があると言われるバッハをチョイス。

文字通り、50曲入りの特盛りです(*^_^*)、しかも1,200円。

文章執筆作業で思うように筆が進まない時は、メタリカのメタル・マスター

あの「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」の著者であるスティーブン・キング自ら、文章を「書く」為のスキル・ノウハウ・心情etcの全てを解き明かした文章読本、書くことについての中で、

スティーブン・キングの書くことについて

「気が散るものはすべて取り除いたほうがいい。・・・・(中略)・・・私は仕事中に音楽をがんがん鳴らしている(AC/DC、ガンズ・アンド・ローゼズといったハードロックで、いちばんのお気に入りはメタリカだ)。私にとって、音楽を聞くのはドアを閉めるのと同じ行為である。それは私を取り囲み、俗世間を締めだしてくれる。

P208より抜粋

という一節を読んで即ポチった一枚。

メタリカ3作目(1986年)にして現在までにアメリカのみでも600万枚売れたという記録的アルバム。一曲目「Battery」のスローなイントロから一気にヘヴィなリフに駆け上がるほんの数秒で即スイッチON!、モチベーションが上がるのをウダウダ待つ必要なし。ありがたい。

そんなこんなで、今年の猛暑はこの3枚のアルバムをヘビロテしてなんとか乗り切りたいと思います。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする