MacbookAirでの長時間作業による首・肩コリ対策にPCスタンドを自作、ついでに左マウスに。

スポンサーリンク

自作ノートパソコンスタンドで首・肩が楽に。

このところやけに首・肩のコリが激しくて激しくて、これも寄る年波のせいかとシップやバンデリンのお世話になることしばしば。。

でも、その根本的原因がわかりました。

そう、13インチのMacbookAirがあまりにも快適で、家にいる時も四六時中猫背。これじゃあ、首や背中に負担かけっぱなし。



いろいろググってみると、やはりノートPCは長時間作業にはあまり向かないらしい(今更ですけど^^;)。

パソコン作業時の正しい姿勢(肩こり腰痛にならない)とは、

1.目とディスプレイの間隔は40cm以上

2.ディスプレイ上端が目線と同じ位置か若干下

3.肘はキーボードに対して90度

4.背筋はまっすぐに

が基本。

ノートタイプだとどうしても、上から画面を見下ろす状態が続き、重たい頭をずっと首や肩の筋肉で支え続けているのがマズいんですよね。

ということで、あちこちでオススメされているノートパソコンスタンドの導入を検討。

これやら↓

これなんか↓・・・。

ですが自分の作業環境にフィットするのか試してみるにはちとコストがアレなので、ここはいつもの「100均アイテム」で自作でも、というわけで見つけたのがこの動画。

ありがたい。。

で早速近所のダイソーへひとっ走り。108円のブックスタンドを2個ゲット。

ノートパソコンスタンドの自作用にダイソーで買ったブックスタンド

これを動画通り、組み合わせました。作業時間10秒。コスト216円也。

ブックスタンドを2個組み合わせてノートパソコンスタンドに

ドンピシャ\(^o^)/。角度調整も自在です。慌ててお高いスタンド買わなくて、ほんと良かった。。

この状態だと一切パソコンに触ることがないので、安定感も不安なし。

自作ノートパソコンスタンドにMacbookAirを載せてみた

パソコンスタンド使用時は、別途キーボードは必要となりますが、ここであの「首・肩・腕がメッチャ楽」なエルゴノミクスキーボードの再登場!。

マイクロソフトのエルゴノミクスキーボードも再導入

キーボード位置も正しい位置に配置。ポジションキーの中心が、MacbookAirの中心に来るように。。

さらに、首・肩こりに劇的効果のあるらしい、「左マウス」も導入(左右のクリックを設定変更)。

キーボードをパソコンの中心にセット

長年慣れ親しんだ右手でのマウス操作から左手に変更するのは、初めのうちは若干違和感がありますが、小一時間ほどフリーセルやソリティアなどで遊べば、スグに慣れます。

右脳の活性化にも良さそうだし^^;。

それにしてもこの自作スタンドと左マウスによる新しい作業環境は想像以上に快適。

自然と背筋と首筋が真っ直ぐになりますし、マウスへの腕の移動距離が短いので効率はいいし・・・。

何と言っても首と肩が非常に楽ちん。

バックジョイでの腰痛改善にも相乗効果バツグンな気がします。

バックジョイのお陰で椅子の材質を問わずどこでも同じ座り心地、腰痛も解消。

たった216円で得られるこの快適さ、ノートパソコンでの作業がメインの方はぜひ一度お試しを。。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする