LogicoolのBluetoothスピーカー「Mini Boombox」とiPhoneでお手軽音楽再生

スポンサードリンク

LogicoolのBluetoothスピーカー「Mini Boombox」

自宅でiPhoneの音楽を聴く際は、オーディオセットのAUXにコード接続して増幅していたのですが、やはりコードの取り回しやコードの抜き差しがどうにも面倒で・・・。

ということで手頃なBluetoothスピーカーを物色していたところ、ちょうどFans:Fansさんが「Logicool Mini Boombox TS500」のモニターを募集中、、第二弾のキャンペーンで当選したものが本日届いたので、まずはテストがてらレビューをば。。

SPONSORED LINK

カラー はブラック、レッド、ホワイトの3種類あり、届いたのは「レッド」。まあ、嫌いじゃないです。

内容物は、本体と充電ケーブル(ミニUSB)、ACアダプター、取説と保証書。

Logicool Mini Boombox TS500内容物

大きさはほぼiPhone並(本体サイズ (幅115.5×奥行71.2×高さ57.5)、重さは230g、手のひらサイズで想像していたよりコンパクト。

Mini Boombox TS500とiPhone 4S

これならどこへでも持ち歩けるサイズ。iPad・iPad 2・iPhone(3G以降)・iPod touch(第2世代以降)に対応。

iPhoneとのペアリング(最大8つのデバイスとペアリング可)は至って簡単、iPhoneの「設定」→「一般」→「Bluetooth」をオン、スピーカーの電源をオン、でしばらくするとBluetoothデバイス一覧に「Mini Boombox」が現れるので、それをタップ。

とくにパスコードは聞かれないようですが、もし聞かれた場合は「0000」でOK。

次回以降はスピーカーの電源オンで自動接続。

ペアリング完了すると、全面のLogicool マークが青く点灯。

ペアリングされたLogicool Mini Boombox TS500

横から見るとこんな感じ↓。サイド(レッドな部分)はラバー状で、滑り止め兼指紋防止に。。

Logicool Mini Boombox TS500を横から見たところ

裏面には、電源スイッチ、ミニUSB充電ポート、補助入力ジャック(ステレオミニジャック)が。

Logicool Mini Boombox TS500を背面から見たところ

バッテリーの持続時間はカタログスペックで約10時間連続再生、出力は3W×2。

Bluetoothプロファイルは音楽用A2DPの他に、音声通話用(HFP 1.5)も対応、内蔵マイクも搭載しているので、音楽再生中でも着信と同時に音楽の自動音量OFF、ハンズフリー通話が可能です。

気になる音質ですが、Bluetoothでこのサイズ、この価格(実売5000円前後)からすれば、充分合格点。

少なくとも、iPhoneのスピーカーのみで聴く気は失せます。

MAXの音量でも音割れ無し。

アコースティックチャンバーを搭載しており、そのせいか重低音もこのサイズにしてはなかなか。アウトドアでも非力感はないはず。

まあさすがにロック系や打ち込み系はちょっとメリハリに欠ける気がするので(これは致し方ない)、私はエフェクトアプリ「StagePass」のイコライザ機能で調整。。

このアプリ、一気にライブ感溢れる音にエフェクトしてくれるスグレモノ。

実在の30以上のライブハウスやホールの音響がプリセット。好みのものを選んで、

StagePass

さらに「イコライザ」で好きなように調整。。。

StagePassでイコライザ調整

家にいながらにしてこのライブ感。もう充分過ぎます。感謝です。

充電式でBluetooth、家中どこでも手軽に持ち運び出来るサイズと軽さ、ハンズフリー通話も出来るこのコスパの高さ。

気軽に、自由に音楽を楽しむにはオススメの逸品です。

ロジクール ミニブームボックス レッド TS500RD
ロジクール ミニブームボックス レッド TS500RD

StagePass

100円
(2013.11.06時点)
posted with ポチレバ
スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする