iPhone4s用バックライト付きBluetoothキーボードケースBOXWAVE Keyboard Buddy Caseが激安になったので買ってみた

スポンサーリンク

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 を購入

先日iPad2用に最適なBluetoothキーボードをゲットしたので、さすがにもうiPhone 4Sはいいか、、、と思っていたところ、先代のiPhone4に装着して非常に快適だったBOXWAVE Keyboard Buddy Caseの最新バージョンが、「M Design iPhone4/4S用 AIR SLIDE KEYBOARD CASE2」と名称を変え、国内代理店から半額以下で販売開始されたのを知り、在庫切れになる前に入手。

SPONSORED LINK

近頃は形状が似たようなケース型キーボードも多数出回っているようですが、何と言ってもBOXWAVEは質実剛健、他とは確実に一線を画していますからね、ま、お値段もですが。。

それが3千円代で手に入るとなれば、これはもう即ゲットです。

結局、所有している全てのiPhoneにBluetoothキーボードが(^^;)。

全てのiPhoneにBluetoothキーボード

BOXWAVE Keyboard Buddy Case付きのiPhone4は、私の手から我が社の取締役兼月間数十万PVの主婦ブロガーである我がヨメの手に渡り、四六時中バシバシ使い倒されながらも今なお、何一つヘタることなく稼働しており、その耐久性は折り紙付き。

今回は日本の代理店を通じたためか、日本語によるわかりやすいマニュアルも添付されていました。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 の内容

まずは恒例のペアリング作業から。こちらも最初の一度のみ。次回からは何かキーを押すだけ。

iPhoneの「設定」→「Bluetooth」をオンにし、右サイドの小さなBluetoothコネクトボタンを先端のとがったもので押し、キーボードが認識されたら、

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 とiPhone4Sをペアリング

画面に表示されたPINコードをキーボードから入力。はい完了。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 でPIN入力

マニュアルもわかりやすい。。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 の日本語マニュアルその1

コマンドキーとselectキーの説明。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 の日本語マニュアルその2

ちなみにこちら↓が前バージョンのキー配列。

BOXWAVE Keyboard Buddy Caseのキー配列

数字キーが別でshiftキーを押しながらの入力でしかも右側にshiftキーが無い為、1~4あたりまで数字の入力がしずらい。

でこちら↓が、今回買ったM Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2のキー配列。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 のキー配列

数字キーを最上段英字キーに重ねた為、両サイドにコマンドキーが配置、スペースキーも中央に、しかも面積も大きく配置され、入力し易くなりました。

数字キーはfnキーを1度押し放しで連続入力可能、再度fnを押すことで解除、となっています。

続いて厚さの比較。左がM Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2、右がBOXWAVE Keyboard Buddy Case。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2とBOXWAVE Keyboard Buddy Caseの厚さ比較

厚さはほとんど変わりません。

あくまでも私個人の感覚ですが、この、ほどよい厚みがかえってiPhoneのホールド感の向上に寄与しています。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2を装着したiPhoneを手に持ったところ

BOXWAVE Keyboard Buddy Caseのキーはほぼ平面↓、

BOXWAVE Keyboard Buddy Caseのキー形状

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2のキーは若干膨らみがあり、キーとキーの間が少々離れているので、さらに入力し易くなった感があります。まあこの辺は好みの問題でもありますが・・・。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 のキー形状

今回M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2に新たに追加された機能が、キーボードのバックライト。

暗いところでこんな感じなのが↓、

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 のバックライト機能

fnキーを押した後右矢印キーを押すことで、バックライトが点灯、こんな↓感じに。

M Design AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2 のバックライト機能点灯時

まあさすがにそんな暗闇の中でまで、文章入力などする機会もそれほどないと思いますが、あればあったで便利かなと。。

兎にも角にもこれで全てのデバイスにハードキーボードの装着完了、です。

とっさの時でも、このiPhoneさえわしづかみにして出かければ、最低限何らかの仕事は出来ますからねぇ、貧乏性の私には精神安定剤代わりでもあります。

昔からアイデアの降臨は馬上枕上厠上の三上が最適と言われていますが、確かに電車やバスに揺られている時、就寝前や起床直後、ウォーキング途中、トイレの中などで、私もちょくちょくひらめきが舞い降ります。

そんな際にも、このM Design iPhone4/4S用 AIR SLIDE KEYBOARD CASE2をセットしたiPhoneがあれば、後ろ髪を逃すことも激減です。

最近は、創造力開花の名著「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」のメソッドであるモーニング・ページを、紙のノートとペンからこのiPhone+キーボードセットに替えて行っています。

なにせ毎朝A43ページ分なので、ノートの消費も馬鹿にならないし、ノートとペンでは起き抜けのベッドの中で出来ないので。

Simplenoteで文字数カウントが4千文字前後になるまで、毎朝脳内排出するのは快感です。

創造力が日々増していくとともに、副産物として3日目にはこのキーボードでも親指ブラインドタッチが出来るようになりました^^。

ブログの更新頻度も日増しに上がる、、、ハズ、です、多分。。。

M Design iPhone4/4S用 AIR SLIDE KEYBOARD CASE2

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする

コメント

  1. 白いの より:

    はじめまして、突然のコメント失礼します。
    ネットでふと見つけたiPhone5用の同種の商品買おうか迷っていたのですがレビューが簡易的なものばかりで悩んでいましたところこちらの記事に出会いました。
    気になっていたことがすべて書かれていたので買う決意を致しました。
    だからなんだと言われてしまったらそれまでなのですが、とても参考になったので思わずコメントしてしまいました。ありがとうございます(^^)

  2. 白いの より:

    度々すみません。
    一つだけお聞きしたいことがありました(>_<)
    こういうカバーについているキーボードの電池というのはiPhone自体から供給するのだしょうか?

  3. success-kou より:

    お役に立てて、何よりです^^。

  4. success-kou より:

    いえ、充電式ですので、同梱のケーブルでパソコンのUSBポートから充電します。

  5. 白いの より:

    お返事ありがとうございます。
    充電自体はiPhoneと二つになってしまうんですね(>_<)
    助かりました。