iPhoneを腰のベルトにクリップ、スタンドにもなるケース「PURO 3✕1」を衝動買い

スポンサーリンク

PURO iPhone4&4Sケース 3X1

iPhone5発売翌日の22日、久々にヨドバシアキバを覗いてみると、1Fケータイ売り場は想像以上の大混雑。

もちろん、auとsoftbankのiPhoneカウンターがその主な元凶。。

あまりの混雑ぶりにちょっと辟易し、「ならばケースでも・・・」とケース売り場に行ってみるとそこはもう既にiPhone5用のみ。

SPONSORED LINK

私は未だ4Sユーザーなので店員に尋ねると、4及び4S用ケースは2階の奥に移動したとのこと。。

すでに時代に取り残された感に苛まれながらそこを訪れると、先ほどとは打って変わっての閑散ムード満点(T_T)。

私を含め2~3人ほどしかいない状況、お陰でじっくりあれこれ物色していると、ひとつだけ異彩を放つケースを発見。

それはiPhone本体ケースとクリップ付きスタンドケースの二重構造になったもの。

この構造によって、iPhoneのスタンド兼ベルトクリップとなる変わり種。思わず衝動買いしてしまいました^^;。

カラーはマットなブラックで肌触りも非常によく、材質(PVC)もかなりシッカリしています。

ケースとスタンドが二重構造になったケース「PURO 3✕1」

iPhone本体に薄いケースを装着後、さらにクリップ付きケースにスライドイン。

iPhoneをクリップ付きスタンドケースにスライドして装着

画面側を外に向けて装着したところ。

iPhoneの画面側を外にしてクリップ付きスタンドケースにスライドして装着

で、クリップを開いてストッパーで固定すれば、こんな感じ↓でスタンドに。

iPhoneをクリップ付きスタンドケースに装着して立てたところ

クリップは縦横に回転可能なので、

スタンドケースのクリップを横にしてみた

スタンドケースのクリップを縦にしてみた

こんな風にiPhoneを縦にして立たせることも可能。

PURO 3✕1でiPhoneを縦にスタンド

さらにこのスタンド部分はベルトクリップにもなるので、このように横スライドで腰に装着したり、

PURO 3✕1でiPhoneをベルトに横向きで装着

クリップを回転させて縦に装着したり。

PURO 3✕1でiPhoneをベルトに縦向きで装着

画面側を内側にしてケースに装着すれば、傷や破損も防げます。

クリップ部分はかなりシッカリとしていてベルトをガッツリ挟みこんでくれます。

スライド装着部分も絶妙なフィット感でiPhone本体の脱着もスムースにして抜け落ちる心配なし。

文字通り肌身離さず、しかも咄嗟の時にもサッとiPhoneを取り出せるこのケース、久々に出会った掘り出し物です。

PURO iPhone4&4Sケース 3X1BLK



スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする