iPhone・iPadの落下防止に「Bunker Ring」を買ってみた。

スポンサードリンク

「Bunker Ring」

ソフトキーボードが苦手な私は、iPhoneでの文章入力用にAIR SLIDE KEYBOARD CASE2」を装着しているのですが、電車の中で吊革につかまっているときやちょっとしたメモを入力する時などは、やはりiPhone片手持ちでのフリック入力に頼らざるを得ません。。

がしかし、なにかと手のひらも汗ばむ今日この頃、不慣れなフリック入力に親指が右往左往する中でついうっかりiPhoneが手中からスルリ、となることも。

SPONSORED LINK

というわけで買ってみました、iPhone・iPadの保持用アクセサリー「BUNKER RING」なるものを・・・。

ん~、これはナイス!。万が一にもiPhoneを落下するリスクがなくなりました。

Bunker Ring

裏面の粘着シートがかなり強力で、一度貼ったらテコでも剥がれない。

それほど強力な粘着力なのに、端からそ~っとゆっくり剥がせば何事もなかったかのようにキレイに剥離し、何度でも貼り直し可能。

Bunker Ring裏面

キーボードケース裏面にもキョーレツに粘着。リングを持って振り回してもビクともません。

iPhoneにBunker Ringを貼り付けてみた

iPhoneにBunker Ringを貼り付けて指を通したところ

リング部分はピタっと折りたためます。

iPhoneにBunker Ringを貼り付けて横から見たところ

リングは360度回転可能。

Bunker Ringのリング部分は360度回転可能

スタンド代わりにもなるので、動画を見たり、キーボード入力する際にも便利。

Bunker Ringのリング部分をスタンド代わりに

装着前に比べて、ほとんど握力を使わないので非常に楽、フリック入力も断然やりやすくなりました。

Bunker Ringを装着してiPhoneを持ったところ

iPadに装着すると、これまた非常に快適。本体を手でささえるだけ。

電子書籍を読むときや、ちょっとしたプレゼンで相手にiPadを見せる際などに重宝。。

Bunker RingをiPadに装着

たったこれだけのことで、iPhoneやiPadの取り回しが格段に快適になるとは、思っても見ませんでした。

iPhone横持ちで長めの動画を撮る場合なんかも、リングの角度を調整して持ちやすいポジションを見つければ、疲れや手ぶれ防止にも役立ちそうです。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする