iPhoneにストラップシールでストラップを付けてみました。

スポンサードリンク

私のiPhoneには、ソフトバンクセレクション ストラップスタイル ソフトケース(ホワイト)でストラップを付けることによって、iPhoneの落下防止対策としておりました。

が、この夏の暑さで、どんどん服装がラフになることにより、iPhoneも首から提げて携行したい欲求というかニーズというか、そういったものが沸々と沸き上がってまいりました。

SPONSORED LINK

で、嫁さんが使っているRix iStrap Dockコネクタ用ネックストラップを私も、と思ったのですが、同じ物を使ってもアレなのでw、今回(まもるくん)ストラップシール(iPhone 3G・3GS用/クリア)を利用してみることに。。

3G・3GS用とはなっていますが、なにせシールタイプですから、iPhone4でも大丈夫だそうです(メーカー確認)。

iPhoneの裏面に強力粘着シールでペタッと貼るだけなので、大抵のケースはそのまま使えます。

こんな感じ↓。

ケースとストラップを付けた状態↓。

ストラップホールの重心が中央になっているので、ネックストラップには最適ですね。

シールの粘着面積が大きいので、垂直方向の耐荷重性はかなりの安心感があります。

正面から見た感じ。

まあこんな↓ガッチリタイプもありますが、まずは手軽にシールタイプで「iPhone首からぶら下げ」をしばらく試してみようかと。。。なんせ500円と価格もリーズナブルだったので。

【iPhone 3GS/3G専用】携帯ストラップNETSUKE001-014

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする