iPhoneでスキャン→デジタル化前提のノート、「SHOTNOTE」がキングジムから新発売。

スポンサードリンク

デジタルか、アナログか。。

そんな議論を不毛なものにするメモ「キングジム ショットノート」が、デジタルメモ専用マシン「ポメラ」の販売元でもあるキングジムから、2月7日に発売されるそうです。

SPONSORED LINK

元々iphoneには手書きメモなどを手軽にスキャンしデジタル化するためのスキャナーアプリがいくつも存在しますが、この「SHOTNOTE」には、あらかじめ四隅にマーカーが印刷されており、それを専用の無料アプリ「SHOT NOTE App」で撮影時に読み取ることにより、各種補正やサイズ合わせを自動で行える仕組み。

また、日付や番号を所定の書式に沿って記入すれば、OCRで検索可能になり、EVERNOTEとも連携、保存も可能。

詳細はこちら。

ショットノートにはLサイズ(214×146mm、¥630)、Mサイズ(154×102mm、¥451)、Sサイズ(115×77mm、¥336)の3タイプがあり、専用カバーも同時発売されるらしい。

まあ確かに咄嗟のメモや(特に図形を含む)アイデアクリップには手書きに勝るものはないわけで、その後の保管・閲覧用にデジタルで保存、というのが今の時代の正しい振る舞いではあります。

なにはともあれ、この手のものは試してナンボのアイテムなので、発売されたらテスト試用してみたいと思います。

キングジム ショットノート Mサイズ ブラック表紙 9101

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする