iPad・iPhoneでの長文入力は「Note & Share」で決まり。

スポンサーリンク

Bluetoothキーボードを装着したiPhoneとiPad

いつでもどこでも、頭に浮かんだ文章的なものはとりあえずiPhoneかiPadにバシバシ叩きこんでおくこの私。。

なので時折AppStoreに星の数ほどあるメモ・テキストアプリを物色しては試し、自分なりに取捨選択しつつも、iPhone内のメモ関連アプリはいつのまにかこんな状態。

SPONSORED LINK

iPhone内のメモアプリ

それぞれ一長一短があり目的(アウトプット後のコンテンツの使い道)に応じて使い分けてはいるのですが、とっさの場合に一瞬選択に迷うことも・・・。

で、出来れば(特に長文になりそうな際に)入口となるフレキシブルなアプリがあればいいなと思っていたところ、今までなぜか見落としていた神アプリ「Note & Share」を350円→85円のキャンペーン情報で知り、早速ゲット。

いや~スバラシイ、なぜもっと早く使わなかったのか、しばし小一時間ほど後悔(-_-;)。

まずは何かしら文章を入力する。ここがスタート。

で、そのコンテンツをリッチテキストでEvernoteへ、Dropboxで同期、ローカル(iPhoneやiPadに)保存、クリップボードへコピー、Twitter・Facebook・Plurkへ投稿、メール送信、GoogleDocsへ転送、などが上段に並んだボタンのワンタップで即実行出来る。

これだけあれば、まず大抵のことは出来ます、文章コンテンツの取り回しに関しては。

あらゆるボタンが一覧になっている「Note & Share」

各種アプリやサービス連携のオン/オフも可能。

「Note & Share」での各種サービスの設定

これはもう願ったり叶ったり。。

アウトプットされた文章の後処理を考えること無くまずはここへ思いつくまま書き出す。

その後ゆっくり望む場所へワンタップで放り込める。しかも煩わしい確認ダイアログや画面遷移も無し。

さらに「Markdown変換」や「TextExpander」も利用でき、

「Note & Share」のSettings

Atok Padでの入力も一瞬で切り替え可能。これも非常にありがたい。

長文入力には、iOSの標準IMEよりも、やはり変換精度の高いAtok、ですよ。。

「Note & Share」からAtokPadへの切り替え

Atok Padの「完了」ボタンをタップすれば一瞬で「Note & Share」に戻ります。

AtokPadから「Note & Share」への切り替え

加えて今回のバージョンから「フリックでのカーソル移動」機能が追加。

地味な機能ですが、ソフトキーボードでの入力時にカーソルを一文字づつ左右に移動するのは非常に面倒ですからねぇ。。

これは是非他のメモアプリにも標準で搭載して欲しい機能ではあります。

まあいずれにしてもiPhone・iPadでの文章入力及びその後の処理まで含めて、かなり実用的なアプリです。

4月23日現在「仕事効率化」カテゴリー1位、iPadでも使えるユニバーサル、さらに期間限定の85円セール、ゲットしておいて損はないオススメアプリです。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする