iOS4.3.3とiOS5のiPhone間でアプリが意図せず同期した

スポンサードリンク

iphone 4S,4,3GS

我が家には、先日私のiPhone 3GSを4Sに機種変した結果、ヨメさんのiphone 4含めて計3台のiPhoneが存在することに。。

まあこうなると、OSのアップデートやらiCloudの設定やら、管理面で少々面倒になってきます。

SPONSORED LINK

なので最新機能などに興味の薄いヨメのiPhone4だけは未だiOS4.3.3のままなのですが、先ほどそのヨメがアプリをダウンロードしたところ、数分も経たないうちに、私のiPhone 4Sにも同じアイコンが・・・。

試しに再度4で別のアプリをダウンロード。またたくまに私の4Sにも・・・。

不思議なのが、iOS5アップデート済みでiCloudも同じアカウントで同期済みの3GSは、まったく変化無し。

「これは一体、何がどーしたんだ・・・??」

ということでappleのサポセンに問い合わせしたのですが、まだ同じ事例が無くすぐにはわからず・・・。

詳しく調べてもらった結果判明したのは、iOS4.3.3から実装されたiCloudのベータ機能のなせるワザ、らしい。

そして直接の原因は、iPhone 4S側の「設定」→「Store」にある「自動的ダウンロード」の「App」が「オン」になっていたため。

Storeの自動的ダウンロード設定

3GSはここが「オフ」になっていたため、ダウンロードの同期が行われなかった、ということ。

理由がわかればなんてこと無いんですけどね、一瞬「???」、思考停止に陥りました^^。

ということであれば、早急に我がヨメのiPhone 4をiOS5にアップデート、私とは別アカでiCloudを設定し、3GSと4Sを共に「自動的ダウンロード オン」に設定しておけば、どちらでアプリをダウンロードしても即座にアプリの同期が図れる、ということなので、これはこれで便利かなと。。

これとWiFi同期と合わせれば、ほぼ3GSと4Sのクローン化が可能になる、かどうか試してみたいと思います。

最新Wi-Fiを120%使いこなす本 (インプレスムック)

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする