DropboxアプリでiPhoneの写真・動画が自動保存可能に。最大3GBの容量追加も無料!

スポンサードリンク

Dropbox

Dropboxアプリが14日、Ver1.5にアップデートされ、iPhoneカメラロール内の写真・動画の自動保存が可能となりました。

SPONSORED LINK

アップデート後アプリを起動すると、下記のような画面となり、

Dropbox1.5の起動画面

右上の「開始」ボタンをタップすると、、、

Dropbox1.5の写真動画自動保存有効化

カメラULの有効化画面となるので「有効化」ボタンをタップすると、

「既存の写真やビデオもアップロードしますか?」と聞かれるので、いずれかを選択。

Dropbox1.5の写真動画自動保存有効化完了

すると、Dropbox内に「Camera Uploads」フォルダが自動生成され、そこへカメラロールからの写真・動画が自動保存されるようになります。

Dropbox内に「Camera Uploads」フォルダが生成される

この自動保存設定は後から解除も可能。

「設定」の「カメラUL」をタップし、「オン」を「オフ」に切り替えるだけ。

Dropbox1.5の写真動画自動保存解除

デフォルトではWiFi通信時のみ写真・動画を自動アップロードするようになっており、3G回線でも自動でアップロード(ただし写真のみ)したい場合は、

Dropbox1.5で3G回線での自動アップロード設定

「設定」→「カメラUL」→「データプラン使用」を「オン」にすれば可能となります。

さらにうれしいことに、アップロードする度に無料で500MB容量が追加(最大3GBまで)されるようです。

同期ではなくアップロードなので、Dropboxへの自動保存後、iPhoneのカメラロールから写真や動画を削除してもDropbox側には当然残るので、iPhoneのカメラロールを整理したい方にもオススメです。

Dropbox

無料
(2013.11.06時点)
posted with ポチレバ
スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする