手書き文字が入力しやすくなった「7notes mini」

スポンサードリンク

iPadでは手書き入力で重宝に活用しているMetaMojiの「7notes」。

ですが、iPhoneの小さい画面ではさぞ入力しづらいだろうと、購入をためらっていた「7notes mini (J) for iPhone」が、1.2にバージョンアップされ、文字入力時の自動スクロールが可能となったようなので、試しにゲットしてみました。

SPONSORED LINK

まあ、価格も450円とキャンペーン価格だったのもありますが・・・。

で、早速試してみました。

手書き文字入力欄の右端、グレーの部分に文字がかかると、自動で全体が左にスクロール、続けて文字が書けるように。

もちろん、ランドスケープモードでの横向き入力も同様。

ん~、これはiPad版にも欲しい機能です。

画面の狭さはスタイラスを使えば思ったほど苦にならず、私の場合はiPhoneを縦に持った方がむしろ入力し易い感じ。。

ちょっと面白いのは、手書きとテキスト変換文字が混在した文章を、Twitterに投稿出来る機能。

「イメージ(JPEG)+テキスト」で送るだけ。

ま、こんな感じ↓。。

だからどーした、と言われればそれまでな気がしないでもないですが・・・。

これによりテキスト文字部分がTwitterのTL上に表示されるようになったので、前バージョンのイメージURLのみのツイートよりも、内容がわかりやすくなり、またハッシュタグを入れることも可能になったりと、なかなかこだわりの機能UP。

さらに、7notesドキュメントで送れば、Twitterクライアントでも7notesと同じレイアウトで表示されるのみでなく、フォロワーも7notesを使っていれば、editでそのドキュメントに変更を加え再ツイート出来るようにもなったようです(Safari経由で)。

また、ドキュメントにアラーム機能が付いたり、マーク付けによる絞り込みが出来るようになったり、「Menu」ボタンの長押しで手書きとテキスト、キーボードの切り替えが出来るようになったりと、ユーザーの声を反映したバージョンアップで思ったより使い易いアプリです。

それにしても手書きの文字認識はさすがの精度、Bluetoothキーボードが使えない状況でのちょっとした文章入力には充分使えそうです。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする