ノマドの最大のメリットのひとつは、「環境の変化」

スポンサードリンク

今日も午後から近所のジョナサンでノマドワーク。

先日の「全部当てるまで家に帰れま10」でよゐこの濱口が絶賛?していた、ジョナサンのウーヒー(ウーロン茶とアイスコーヒーを半分ずつブレンドしたモノ)を試してみたいということもありまして・・・(^_^;)

まあ、思っていたより旨かったかな。。

それにしても午後のファミレスはどこも空いていて、広いテーブルとドリンクバーで快適なノマドオフィスとしても最適。

SPONSORED LINK

こうして、好みのカフェやファミレスを”遊牧”していると、一日中自宅やオフィスに籠もっているのに比べて、明らかに仕事の能率・生産性が違うのを体感します。

最近はほとんどiPhone+Pocket WiFiとリュウドのRBK-2100BTJ、それとメモ帳とペンのみが携行ツールなので、その身軽さがさらにノマドワークに拍車をかけてくれます。

ま、たまに新規サイトの起ち上げや顧客へのプレゼン資料作成などにはネットブックも持参しますが、それも今はサーバーサイドのCMS、資料のほとんどはクラウドにあるので、小型のEeePCで済むのでたいして荷物にはなりませんし。。

100707_174433.jpg

RBK-2100BTJのスタンドは、単にiPhoneの閲覧用スタンドとしても立派に機能するのでw、

100707_184754.jpg

ちょっとした気分転換をしたいときなどには、ソファにもたれてyoutubeなどをボーっと見てみたり・・・。

100707_184854.jpg

こんな私も以前は都心の新築ビルに、高い保証金と家賃でオフィスを構え、片道1時間かけて通っていたこともあります。

あれを今でも続けていたら・・・、と考えただけで心底ゾッとしますねぇ。。。

これからの時代、収益を生み出すのは、器や設備、商品自体ではなく、「生成されるコンテンツ」、「モノを売るアイディア」ですからね。

「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする