カフェノマドでの集中力UPの為にネックバンド型Bluetoothヘッドセット「GH-BHHSN」を買ってみた

スポンサードリンク

Bluetoothヘッドセット「GH-BHHSN」

適度なノイズや他人様の視線のお陰で、半強制的に集中モードになれるカフェやファミレスでのノマド。

ですが、ときとして隣や前後の会話が適度なノイズのレンジを超過し、むしろ逆効果満点!、という場合もままあります。

そんな時は、iPhone内のミュージックやJAZZアプリなどをイヤホンで聴いたりしてその「レンジ越え」の会話を相殺したりするのですが、やはりケーブルがなんとしても邪魔。

SPONSORED LINK

コーヒーカップをひっかけてコーヒーをこぼしそうになったり、テーブルからiPhoneを落としそうになったり・・・。

というわけで、携帯性と装着のしやすさ、ある程度の音質とコストパフォーマンス、そしてもちろんBluetooth、という5つの条件を設定していろいろなヘッドホンを物色してみたところ、よさげなモノを発見。

試しに買ってみたのが、グリーンハウス Bluetoothネックバンド型ステレオヘッドセット

予備のイヤーパッドと充電用ケーブルが付属されています。

GH-BHHSNの中身

左右のパッド部分を広げると↓こんな感じになり、バネ状のネックバンドが両耳を挟んでくれる仕組み。

GH-BHHSNを両手で開いたところ

で、両手を離すと、↓こんな感じにクルクルッとコンパクトにまとまります。

このままバッグへ放り込める。。

GH-BHHSNがコンパクトに

上の写真でもわかるように(クリックで拡大)、右のパッド表面に各種操作ボタン(電源ON/OFF、曲戻し/曲送り、ボリュームアップ/ダウン、)があり、ネックバンド終端が音声通話用のマイクになっています。

iPhoneとのペアリングは非常に簡単、まずはこのヘッドセットが電源OFFの状態から、右側パッド中央のマルチファンクションボタンを8秒以上長押し、パッド上部のLEDがブルー/レッド交互に点滅したらペアリング開始モード。

続いてiPhoneの「設定」→「一般」→「Bluetooth」に「GH-BHHSN_series」が表示されたらそれをタップ。

これを一度行うだけ。

あとはiPhoneのBluetoothがオンの状態であれば、ヘッドセットの電源をオン(マルチファンクションボタンを約5秒長押し)すれば即認識してくれます。

試しにiPhoneのミュージックアプリを起動してみると、右下にヘッドセットとiPhoneのスピーカーとの切り替えを行うボタンが。。

iPhoneのミュージックでヘッドセット切り替えボタン

このボタンをタップすると、↓このように切り替えメニューが表示され、瞬時にヘッドセットとiPhoneスピーカーとの切り替えが出来るように。。

iPhoneのスピーカーとヘッドセットの切り替えメニュー

充電はUSB給電のみ(充電時間約5時間、連続使用時間通話時最大約7時間、スタンバイ時最大約150時間)。

ヘッドセット側のUSB端子はミニUSBより一回り小さい特殊なモノ。

GH-BHHSNのUSB端子

価格とBluetoothの割には、思ったよりいい感じの音質。高級ヘッドホンのようなドンシャリには及びませんが、カフェやウォーキングなどで音楽を聴くには充分すぎるほどの音質ではあります。

もちろん、マイク付きヘッドセットなので、電話の発着信時には自動で音楽のボリュームはミュートになり、問題無くそのままハンズフリー通話可能です。

価格・携帯性・音質等、総合的にはかなり満足なアイテム。

なんといってもケーブルレス、カバンの中でケーブルがこんがらがるストレスと、装着時の鎖に繋がれた感からの開放は、やはり爽快です。

もっと早く使えば良かったと、少々後悔・・・。

グリーンハウス Bluetoothネックバンド型ステレオヘッドセット ブラウン GH-BHHSNBR
グリーンハウス Bluetoothネックバンド型ステレオヘッドセット ブラウン GH-BHHSNBR

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする