結局、iPad miniとリュウドのキーボードの組み合わせがアウトプットに最適と気づいた件。

スポンサーリンク

iPadminiとリュウドのBluetoothキーボード

先日、キャンドゥで購入した105円ケースのお陰で、やはりiPad miniは「」の状態で取り回すのが一番!ということを再認識。

いつでもどこでも、肌身離さず持ち歩くiPad mini。

ただし、ハードキーボードは必須なこのワタクシKOU、つい最近までは、BooKey Proを常に装着したまま、ポメラはたまた、もはや知る人ぞ知る懐かしのWindows CEマシンもどきで愛用してまいりました。

SPONSORED LINK

iPadminiとBooky Pro

が、しかし、このたびの背面ケース装着によって、この形態を再考することを余儀なくされ(というか、もはや装着不可能^^;)、いくつかの不満点が炙りだされました。

その1. キーボード不要のアプリ操作時に、毎回外すのが少々面倒。

その2. iPad miniサイズにフィットするため、キーピッチが狭い(長文のブラインドタッチは少々辛い)。

その3. スタンド角度が直角に近いため、前傾姿勢では画面が見辛い。

ワンアクションで即キーボード入力出来る快適さも捨てがたいのですが、一定期間使用した結果、上記のようなマイナス面もあったわけです。

いずれにしても、背面ケースによってキーボード装着不可となったトレードオフとして、タブレット本来の”自由”を取り戻した我が愛機iPad mini。

でも、どーしてもキーボードは欠かせない。

というわけで、ここはやはり、長年愛用して来たリュウドの折りたたみ式ワイヤレスキーボードでしょ、と。。

愛用のリュウドキーボード

考えてみれば、常に本体にキーボードが引っ付いている必要など無いわけで、ならばキーピッチもキータッチも申し分ない、リュウドでいいじゃないかと。。

何を今更な感じですが、もう一つ、今更ながら気づいたのが、内蔵されているスタンドがiPad miniのスタンドとして充分に機能する、という点。

iPadminiにも最適だったリュウドキーボードの内蔵スタンド

スタンドを目一杯引き伸ばせば、、、

リュウドキーボードの内蔵スタンドを引き伸ばす

バッチリiPad miniを支えてくれました。

これもiPad miniのサイズと軽さのお陰。。。

リュウドキーボードの内蔵スタンドを引き伸ばすとiPadminiも支えられる

角度的にもちょうどいい。。

リュウドキーボードの内蔵スタンドでiPadminiを支えたところ

あらためてスタンドを用意して一緒に持ち歩く、という必要も無し。内蔵型だから、忘れることもない。イマサラですけど^^;。。

リュウドキーボードとiPadminiは最適コンビ

あ”~、なぜここに気づかなかったんでしょう・・・。目頭が思わず熱くなるほどの快適さ・・・。

ちょっと遠回りしましたが、これで何一つ我慢すること無く、iPad miniをフル活用する環境が整った感じがします。

では早速、このセットを持って、近所のコメダでも行ってこようかと思います・・・。

リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi
リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする