クリップが無いSu-Penに100均のシャーペンから部品取りしてペンクリップとして取り付け。これで完璧なスタイラスに!。

スポンサードリンク

Su-Pen CLにペンクリップを付けてみた。

昨日から早速iPad miniとMetaMoJi Note、そして手書き日本語入力ソフトmazecの組み合わせで作業日報を書き始めた、KOUです。

手書き入力でアイデアメモ・メール・Twitterが快適過ぎ。mazecを入れたiPhone・iPadが完璧なアウトプットマシンに。
先週末、近所のドトールで今年一年の振り返り&来年のあれこれを「ひとり会議」しつつ、Amazonで仕事術関連書籍をググって偶然見つけた...

mazecの快適すぎる手書き入力に今更ながら感動しまくっているわけですが、その快適さを支えるのが、MetaMoJi社が専用に開発したスタイラスペン「Su-Pen」。

ただワタシの使っているものはCLモデルでいわゆるペンクリップが付いていない旧タイプ。

SPONSORED LINK

appleによるiPad miniの仕様変更に対応した導電性繊維のペン先にも変更済みなので、それはもうノンストレスでスラスラ書けるのですが、、

Su-Penのペン先は交換済み。

いかんせん、ペンクリップが無いと、ついとっさに出かける際にこのSu-Penを忘れてしまったり、バッグの中を探しまくったり。。

ペンクリップの無いSu-PenCL

かと言ってそれだけのためにクリップ付きの新型を購入するのもちょっと^^;、それにこのデザインと絶妙な重量感、そしてワタシのラッキーカラーでもあるブルーであることが捨てがたく・・・。

というわけで、思い立ったら吉日!、ちょっとカスタマイズをしてみることに。

そうとなればまずは100均チェック!!、ダイソーへGO!なこのワタシ。

さすがにペンクリップのみは売っているはずもなく、流用出来そうなものをペン売り場で物色、なんとかなりそうなシャーペンを2本ほどゲット。

ダイソーで買ったシャーペン

ほとんどがプラスチック製の一体型だったのですが、この2本だけ、ステンレス製の取り外しできそうなクリップだったので。。シャーペンのクリップ部分その1

シャーペンのクリップ部分その2

で、まずはブルーの方からドライバーで少しずつこじ開けながら外してみると、、、

ダイソーで買ったシャーペンからクリップ部分を取り外す

無事キレイに取り外し完了。。

シャーペンから取り外したクリップ

早速Su-Pen本体に挿入してみると、、、なんと!ドンピシャ!!サイズ、まるで専用ペンクリップかのようです。よほど力を入れないかぎり、カンタンには外れません。バッチリ(^^)。

Su-Penにクリップを取り付けてみた

結局どちらのシャーペンのクリップも、ジャストフィットでした。

ただしブルーのペンの方がクリップが長かったのでこちらをチョイス。

てなわけで、iPad miniのケースにピタッと装着、もう離れないっ♥な感じ。サイコーです。

iPad miniのケースにSu-Penをクリップで装着

このように、グッと力強く、多少厚みのあるケースでも問題なくクリップされます。

iPad miniのケースにSu-Penをクリップで装着した内側

これでもう、iPad miniとSu-Penは常に一緒(*^^*)。いつでもどこでも手書き入力出来ます!。

相変わらず頼りになるぜ!ダイソーさん!。

それにこの程度のDIYでも、やってみるとなぜか愛着が湧いてきます。

ま、これからSu-Penを買う方は、こんな面倒なこと、する必要もないんですけどね^^;。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする