iPadで小説や長文をサクサク入力、レイアウトも豊富な無料アプリ「iテキスト」

スポンサーリンク

iPadで長文入力が快適な「iテキスト」

ブロガーやライターさんなどにはお馴染みのiPhone・iPad用長文作成アプリ「iTextPad」。

もうiPadやiPhoneとリュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボードさえあれば、どこでも執筆作業が出来る時代。

その「iTextPad」の高度な機能から、ルビ表示や縦書き表示、ATOKPad対応などのちょっと高度な機能を省き、無料版として「iテキスト – 文章作成ツール」が提供開始されました。

SPONSORED LINK

無料ながらもタブ機能は健在。今時のブラウザのように、複数のページを使い、下書き・アウトライン←→清書などの利用も可能。

iテキストのタブ機能

PCライクなファイル機能もあり、新規.既存ファイルを開く、本体・Dropboxへの保存、メール送信などが可能。

iテキストのファイル機能

「編集」では1段落ごとのカット・コピー、ペーストやアンドゥ機能も。。

iテキストの編集機能

「情報」をタップすると、詳細な文字数カウント(総文字数、半角文字、全角文字、段落数、行数等)や、文字スタイルや行書式、ページレイアウトなど、こちらもかなり詳細な環境設定が行えます。

↓漢字フォントやフォントサイズ、文字色、ワードラップや行間隔などなど。。

iテキストの環境設定その1

↓背景色や選択範囲の色、行番号表示、制御コードやタブ間隔など。。

iテキストの環境設定その2

↓レイアウト(後述)を原稿用紙にした際のマス目サイズや数、各種アピアランスや保存時の文字コードなど。。

iテキストの環境設定その3

実際かなり豊富な機能満載ですが、アプリ内のヘルプが充実しているので心配無用。。

iテキストの充実したヘルプ

入力した文章を表示する際のレイアウトもいろいろ。。

iテキストのレイアウト機能

昔懐かしいDOS画面(ブラック&グリーン)のようなものや^^、

iテキストのレイアウト機能2

原稿用紙(文字数とマス目サイズを大きく、背景を薄い緑にしてみたところ)など。。

iテキストのレイアウト機能で原稿用紙を選択

iPhoneやiPadとBluetoothキーボードを使ってのいわゆる長文ベタ打ちならSimplenoteが個人的には一番のお気に入りなのですが、一行文字数やレイアウトなどをチェックしつつアウトプットしたい、またはその必要があるようなコンテンツ作りには最適かと思います。

有料のiText Padを使ってみる前にまずはこのiテキストを試してみる、というのもありかと・・・。

iテキスト - 文章作成ツール

無料
(2014.08.02時点)
posted with ポチレバ
.

iText Pad

300円
(2014.08.02時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする