iMS-20で「ずっとやりたかった」作曲に挑戦、してみたい。

スポンサードリンク

KORG iMS-20マニュアル本と「ずっとやりたかったことを、やりなさい」

発売とほぼ同時に、YouTubeの紹介動画を見て半ば衝動買いして以来、結局ほとんど弄らずじまいのままiPad2のなかで眠ったままのアナログシンセアプリ「KORG iMS-20」。

まあ時折思い出したようにあれこれやってはみるものの、基本的なことが分かっていないので、なかなか思うように行かず・・・。

SPONSORED LINK

iMS-20 in iPad

で、先日のゴールデンウィークに丸善へ本の買い出しに行った際、iPad関連の書棚でその存在だけは知っていた「KORG iMS-20公式パーフェクトガイド」が目に飛び込んできたので、これも何かの縁、ということで購入→独学開始、現在iMS-20の奥深さにハマりつつあります。。

早くこういうの↓、やってみたい(^^♪。。

ま、そもそものキッカケは、1年ほど前にそのタイトルに惹かれて何気なく買った「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」で紹介されていた「モーニングページ」を続けた結果、だと思います。

何事にも個人差はあるとは思いますが、この「モーニングページ」を続けることにより、自分でも気づかない深いところから「答え」が出てくるというか、自分自身の行く手を阻んでいるのは他でもない自分自身、ということが少しずつわかってきます。

創造性を阻まれている私たちは、自分自身を容赦なく批判しがちだ。世間にアーティストとして通用しているように見える人でさえ、自分には何かが欠けているとか、何かが違っていると感じている。私たちは自分自身の内部に住む、完璧主義者に操られているのだ。  P26より

人は大人になるにつれ、世間体や年齢、学歴や他人から見た才能の有無などなど、いろいろなものに縛られて本来の自分とはかけ離れた人生を歩んでしまったりします、ね?。

その「本来の自分」を今一度取り戻すためのシンプルにして効果絶大なのが、この「モーニングページ」。

続けるうちに、いろいろと「やりたかったこと」が浮かび上がってくるはずです。

結局人間は、誰に何と言われようが思われようが、自分自身がやりたいことをやるのが一番、ということだと思います。。

あ、ちなみに私の作曲は、あくまでも「趣味」の範囲を超えるものではありません、念のため(^_^;)。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする