究極の発想支援アプリ、Mandalartがリニューアルして再登場、しかも無料!。

スポンサーリンク

Mandalartがリニューアルして再登場

ネット・SNS界隈ではiPhone6発売開始の話題もちきりな今日このごろ、なぜかいまひとつ興味の沸かないKOUです(今のところ)。

そもそも今から5年ほど前に、それまで全く興味のなかったiPhone3GSに突如食指が動いた理由はただひとつ、私の乏しい発想力を補って余りありすぎるアイデア創造メソッド、「マンダラート」がアプリとなってAppストアに登場したから。。

SPONSORED LINK

つまりハードは二の次三の次、手のひらのデバイスでマンダラートしたい、思いっきりノンリニアにアイデア出ししたい、というのがiPhoneユーザーとなったキッカケ。

マンダラートは最高の発想支援ツールだと思う。

それにしても初期のマンダラートアプリ「iMandalArt」はアプリとしては結構なお値段でした。

iPhone版が1,500円、iPad版が2,300円^^;。

でもそれだけの価値は十分有りました、なんせどんどんマンダラを展開することで、通常ではありえないハイペースでアイデアを量産出来たので・・・。

それが2013年8月、iOS7への対応不可、ということで販売及びサポート終了。おいおい、そりゃないぜと・・・。

しかたなく古いiOSの初代iPadとiPhone3GS上で利用しつつ新たなマンダラートアプリの登場を一日千秋の思いで待ち続けておりました。

そして2014年9月10日、きしくもWWDC2014でのiPhone6・6Plus発表と同時に突如再登場した「新MandalArt」。

しかもなんと無料!!。もちろん、即ダウンロード。

Mandalartの説明その2

さて今回はどんな機能を盛り込んだのかと、期待に胸を膨らませながらあれこれいじり倒すも、さすがに無料での配布のためか、リニューアル前のiMandalArtに比べてかなりシンプル。

こんなようなことも↓出来なくなってしまいました。

文章のアウトプットが楽になる「iMandalArt」と「iThoughts」の連携

が、逆に考えれば、純粋にマンダラート特有の思考の放射状展開を試すにはこれでいいのかもしれません。

なんせ無料だし^^;。

Mandalartの説明その3

まあせめてDropbox経由でiPadなどとデータ連携出来れば有難いのですが、その辺はアップデートに期待、ということで。

アイデア出しツールのバイブル、考具 ―考えるための道具、持っていますか?でも紹介されているこのマンダラート、未だ未体験の方はぜひ一度、この新生マンダラートで自然とアイデアが湧き出るなんとも言えない気持ちよさを味わってみては?。

なんせ無料なので(^^)v。

お気に召したら無制限にプレートを追加可能(無料版は2つまで)出来たりAirDropやメールでデータ共有可能となるMandalArt Premium(1ヶ月100円、1年600円)で思う存分マンダラートしまくっちゃってくださいませ。。

MandalArt

無料
(2014.09.17時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする