GTDの日次レビューと週次レビューを習慣化するためにToodledoをLaunch Centerにスケジュール付きで登録してみた

スポンサードリンク

MacBookAir

ToDoやタスク・プロジェクト管理などのいわゆるGTDのメインツールとして、今までNozbeを重宝に使っていましたが、つい最近、Toodledo – To Do Listに変更しました。

SPONSORED LINK

PC~iPhone~iPad間でのシームレスなGTD遂行ツールとして、Nozbeは必要にして充分な機能を実装しており、特にこれといって不満はないのですが、このところの仕事の状況から、どうしても「作業の見積もり時間」と「タイマー機能」が搭載されている必要が生じたので。。

その両機能をシステム内で利用できるのがToodledoだった、と言うわけです。

とともに、今までついおざなりになりがちだった、GTDの胆である「日次レビュー」と「週次レビュー」を確実に習慣化するために、アプリタスクのタイマー設定が可能なランチャー「Launch Center Pro」にToodledoを登録し、強制的にプッシュ通知→起動を設定してみました。

Launch Centerを起動し「Edit」をタップ、「Add New Launch…」→「App Action」をタップすると、既にインストールされているアプリでURLスキームが対応しているものの一覧が表示されます。

launchcenterにToodledoを登録

Toodledoを選び、「Title:」に「日次レビュー」と入力、「URL:」には自動でToodledo起動用のURLスキームが入力されているのを確認し、画面を左へスワイプ。

launchsenterにToodledoを登録その2

スケジュール設定画面になるので、「Date:」で日次レビューしたい時間を設定、「Repeat:」で「Every Day」を選択し、毎日指定の時間にToodledoが起動するように設定する。

launchcenterのスケジュール登録

「週次レビュー」についても同様の方法で登録、「Repeat:」には「Every Week」を選択し、毎週決まった曜日の指定時間に起動するよう設定。

とりあえずこれでiPhoneさえ身近にあれば、日次と週次レビューのうっかり忘れ、は防げるかと。。

作業時間の見積もり機能を駆使したToodledo運用の実際に関しては、クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!をかなり参考にさせて頂いております。

まさに「ここまでやるか!?」というほどのTODO管理術、脱帽です。

しかし、仕事の状況変化に応じていろいろなアプリが存在する昨今、すばらしい時代になったもんです。。

Launch Center Pro

500円
(2013.11.06時点)
posted with ポチレバ

Toodledo - To Do List

200円
(2013.11.06時点)
posted with ポチレバ
スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする