スマートノート用に、ジェットストリームとVICUNAを試してみた。

スポンサードリンク

発想力が劇的に豊かになる「スマートノート」術で述べたように、このところ毎日スマートノートを書き殴っている訳ですが、少しでも手書きでのアウトプットをスムースにしたくなり、巷やネットで「鬼のように書きやすい」と絶賛されている、ジェットストリームとビクーニャをそれぞれ購入してみました。

SPONSORED LINK

uniのジェットストリームには、ボール径が0.5mm、0.7mm、1.0mmの3タイプあるので、1.0mmのものを、

PentelのVICUNAは残念ながら今のところ0.5mmと0.7mmの2種類しかないので0.7mmのものを。

今更ですがどちらも今回初めて使用したのですが、いや~、確かにどちらも甲乙付けがたい、驚くほどなめらかな書き味。

とてもボールペンとは思えない。自由な発想を邪魔しない、どころか、このスムースさでむしろ思考のスピードUPを促されるような感じ。。。

両者の厳密な違いは、今後しばらく使い続けてみないと正直わかりません。

が、少なくともこれからペンを購入する際は、間違いなくこのどちらかしか買うことはないと思います、これ以上のモノが出るまでは・・・。

ついでに、B5ノートも切れたので(なんせスマートノート術はノートの消費が激しい・・・)、図表の書き込みやページ分割がしやすい実用ノート スイング・ロジカルノート B5サイズ5冊パック(5色込) も購入。

なんか、学生時代に戻った気分です。。。

ビクーニャ0.7mmブラック軸 黒

ジェットストリーム(1.0m/m)【黒】 SXN15010.24

実用ノート スイング・ロジカルノート B5サイズ B罫 5冊パック(5色込) ノ-B501B-5P

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする

コメント

  1. aniyan より:

    アクロボールは?

    MONOQUROの評価ではビクーニャに軍配が上がっていましたが、

    自分がビクーニャが出たばかりのときに購入して
    使ったものは、インキがダマになった点で×でした。

    それ以降に改良されたのか?自分が使ったものがたまたまハズレだったのかもしれませんけど。

    以降、ジェットストリームばかり買っています。