ノマドワーカー、モバイラー必携の書「LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵」

スポンサーリンク

LIFEPACKING

YouTubeで何度か見たこの動画→「高城 剛 カバンの中身 – 世界中を手荷物1つで旅をする」で、その一端が紹介されている高城剛氏のモバイル術。

その部分を切り取って一冊の本にまとめられたのが、この「LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】」。

SPONSORED LINK

脊髄反射でゲット(^^)。

キャリーバッグ一つにガジェットや身の回りのモノを詰め込んで世界を渡り歩く中での、実践に基づく高城剛氏の、いわば「カバンの中身」を、

1DAY PACKING(1日程度の外出時)

2WEEKS PACKING(タイトな2週間程度の旅)

1MONTH PACKING(ほぼ引越しな1ヶ月の旅)

3MONTH PACKING(100%引越しな3ヶ月の旅)

1YEAR PACKING(1年以上の定住生活)

FUTUER PACKING(未来を見据えた生活)

という旅のタイムスパンごとにパッキングするアイテムを実物の写真入りで紹介されています。

LIFE PACKINGの中身

ノマドやフリーランスに関する精神論やら是非論やら、そういった抽象的な談義は一切なし。

ただひたすら、実際の放浪の中で生き残ったツールやアイテムを(そこに至った理由も含めて)カタログライクに一品づつ紹介。

フリーランスとしての仕事の仕方や稼ぎ方、メンタリティ云々などはもはや誰かに教えを請う時代ではないので、ある意味潔いコンテンツだと思います。

これらを参考に、自分のスタイルに合わせて必要な物をチョイス、あるいはアイテム選択のショートカットに利用するには結構役立つ情報かと。

興味の有無がハッキリ白黒付く本ではあります。

ピン!と来た方には、是非おすすめの一冊です^^。

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする