アソシエの「ノートの新極意」特集で、ノート術をブラッシュアップ

スポンサーリンク

日経ビジネスアソシエ「ノートの新極意」特集号

日経ビジネスアソシエ、今月号は「ノートの新極意」特集。

この手の特集号は毎度のことながら、脊髄反射で即ゲット。

SPONSORED LINK

いくらデジタルガジェットに囲まれていても、突然降臨するアイデアのキャッチ、展開や混沌とした脳内の整理、仕事や顧客にまつわる時系列な記録や企画・立案のラフなどは、ノートとペンによる手書きがやはり最強。

アソシエ「異才のノート理論と効用」

自分であれこれ工夫するのも、それはそれで楽しいことではありますが、各界の「達人の知恵や工夫」には、取り入れるべき”ノウハウ”や”ヒント”が少なからず存在します。

あの「文具王」こと高畑氏も「検索ノート」術で登場。

文具王の「検索ノート」

市販のよくあるルーズリーフを、自分仕様にカスタマイズするあれこれ、なども・・・。

アソシエ「ノートの新極意」カスタマイズ編

こういった特集を眺めていると、手書きノートはやはり「第二の頭脳」だなぁとつくづく思います。

煮詰まったアイデアや停滞気味の仕事を打破するキッカケともなる一冊、オススメです。

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 07月号 [雑誌]
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 07月号 [雑誌]

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする