フロントガラスの内側を苦もなく綺麗に拭く為のグリップ「クレトム(cretom) DA18 窓ふきラクラク」がホントに楽だった。

スポンサーリンク

クレトム(cretom) DA18 窓ふきラクラク

自分の行動のコントロールを他人に預ける「電車」というものが苦手で、可能な限りクルマで移動したい私の愛車はミニバンタイプ。

なのでフロントガラスの汚れ(特にダッシュボードの奥のほう)を拭き取るのが常に面倒、時に脇腹の筋肉がツッてしまったり・・・。

SPONSORED LINK

なんかいいモノは無いかと、ふと近所のオートバックスに立ち寄って「ズバリ、これ!」と目に飛び込んだのが、クレトム(cretom) DA18 窓ふきラクラク DA18

久々の「もっと早く使えば良かった」アイテム、です。

折りたたみ式のグリップにマイクロファイバークロスカバー付きの可動式ヘッドが付いてます。

マイクロファイバークロスカバー付き

グリップを広げると、こんな感じに↓。

グリップを伸ばしたクレトム窓ふきラクラク

折り畳み部分はガチっとハマるので、必要以上に力を入れて拭かない限り大丈夫。

しっかりハマる窓ふきラクラクの折り畳み部分

で、これだけでもそれなりに綺麗に拭けるのですが、一瞬でクリアにする為に、クロスカバーのゴム部分を利用して、よくある窓ふき用ウェットシートを、

窓フクピカ

このように↓巻き込んで、

窓フクピカを窓ふきラクラクに装着

先端のヘッド部分をウエットシート状態にしてしまえば、

窓フクピカを窓ふきラクラクに装着したところ

もうフロントガラスの隅々までラクラク綺麗に、クリアにすることが出来る!スバラシイ・・・。

窓フクピカを窓ふきラクラクに装着してグリップを伸ばしたところ

こんな感じで↓、ほんの数秒フロントガラス内側をスライドさせるだけ。

窓フクピカを付けた窓ふきラクラクでフロントガラスを一瞬でクリアに

あ~、今までの苦労は一体何だったんでしょう。。

ホント、もっと早く探せばよかった。大抵のモノは何でもある時代ですからねぇ。。。

クレトム(cretom) DA18 窓ふきラクラク DA18
クレトム(cretom) DA18 窓ふきラクラク DA18

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする