2014年の年明け初頭から、ノートPCの新調に悩む。。

スポンサーリンク

macbookair2013

正月のおとそ気分にも早々に飽きてきたこの時間、Twitterのタイムラインをダラダラと眺めていると、恒例のApple初売り福袋争奪戦?ツイートがチラホラ・・・。

個人的にはそちら方面には全く情熱が沸かないのですが、ネットの方でも本日(1月2日)限りの初売り実施中。。

SPONSORED LINK

そう言えば、わたしの愛機Macbook Airも早3年前のLate2010。

MacbookAir2010

そろそろこの辺で景気付けに、おとそのホロ酔いの勢いを借りてMid2013の13インチあたりをポチっ!と行こうかと思いましたが、¥15,000のギフトカードじゃ、イマイチ勢いにも乗れず・・・。

実は去年の年末頃から急に気になりだしているマシンがありまして・・・、そちらとの天秤で悩んでもいるわけでして。。

それがコレ↓。dynabook R644/W5K

DynabookR644

そういえば今から20年以上前、初めて買ったノートPCが、MS-DOSのDynabook SS002、でした。

モノクロ液晶、ハードディスク無し、両サイドに3.5インチフロッピーディスクを挿入するやつ。それで20万円弱でしたからねぇ。。

それが今ではバッテリー駆動22時間、Core™ i7-4600U vPro™、SSD256GB・メモリ8GB、14.0型ワイド(16:9) HD+ TFTカラーLED液晶でこの価格、改めて考えてみれば、凄いことではあります。

OSは使い慣れたWindows7(Professional 32 or 64)。

Windows8.1 Pro 64ビットも同梱されているので、その辺はお好み次第、ですけど・・・。

私の仕事柄、どうしてもWindowsと決別することが出来ず、結局MacbookAirを手に入れてもまたBootcampのお世話になるわけで、SSD256GBの13インチMBAをメモリ8GB、おまけにWindowsOSを購入、となれば、同じような価格になってしまうし。。

何と言っても長時間バッテリーと14インチ液晶、それに加えて昔ThinkPadでその快適さを知ってしまったトラックポイント(Dynabookではアキュポイント)が搭載されちゃっているのが捨てがたく。。

dynabook_r644のアキュポイント

要するに、私個人としてのビジネス用マシンとしては、言う事なし!の完璧スペック。

でも心の何処かで、MacbookAirの魅力も捨て難く。。。

ま、こうやってあーだこーだ悩んでいるのが楽しいひと時でもあるわけですが。。

もうしばらく、熱燗でも呑みながらあれこれ悩んでみようかと思います。

スポンサーリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする